メインメニューを開く

高麗橋

大阪市、東横堀川に架かる橋
日本 > 近畿地方 > 大阪府 > 大阪市 > 中央区 > 高麗橋

高麗橋(こうらいばし)は、大阪府大阪市中央区東横堀川に架かる。または、同橋西詰以西の町名

高麗橋
高麗橋01.JPG
基本情報
日本の旗 日本
所在地 大阪市中央区(高麗橋-東高麗橋
交差物件 東横堀川
建設 1929年昭和4年)
構造諸元
形式 アーチ橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示

橋梁編集

大坂城築城に際して、西惣構堀として東横堀川が開削され、その際に架橋されたと言われており、慶長9年8月銘の擬宝珠が発掘されている。橋名の由来には、東詰付近に難波高麗館(なにわのこまのむろつみ)が置かれていた説と、朝鮮国使来朝のために架橋された説などがある。

明治3年(1870年)には大阪で最初の鉄橋に架け替えられ、「くろがね橋」などと通称された。設計は本木昌造で、資材はイギリスから輸入されたが、当時の日本の契約に対する認識不足により当初の2倍ほどの価格を完成後に追加請求され、外交上の問題にまで発展した。昭和4年(1929年)には大阪市の第一次都市計画事業の一環として鉄筋コンクリート製のアーチ橋に架け替えられた。

大坂に12あった公儀橋のひとつで、かつて高麗橋周辺は豪商の店舗が立ち並び、日本第一の商都・大坂の富が集中する、まさに大坂の心臓部であった。江戸時代から明治初期にかけ、京街道中国街道暗越奈良街道紀州街道亀岡街道などの起点が順次高麗橋に変更され、また明治政府は高麗橋東詰に里程元標を置き、西日本の道路の距離計算の起点とした。また西詰に高札場が設置されていた。しかし明治以後、東海道本線の大阪駅が梅田にできてからは商業の中心を梅田付近に奪われて往時の面影は失われ、現在の高麗橋は立ち並ぶ地味なビルの谷間に埋没した格好である。また現在は橋の真上に阪神高速1号環状線が覆いかぶさり、橋全体に暗い影を落としている。

町名編集

高麗橋
 
  日本
都道府県 大阪府
市町村 大阪市
中央区
人口
2015年(平成27年)10月1日現在)
 • 合計 986人
等時帯 UTC+9 (JST)
郵便番号
541-0043

現行行政地名は高麗橋一丁目から四丁目まで。2015年10月1日現在の人口は986人、世帯数は636世帯[1]郵便番号は〒541-0043。

地理編集

船場のうち北から3番目の町で、北は今橋、南は伏見町道修町、東は東横堀川を挟んで北浜東東高麗橋、西は西横堀川跡の阪神高速1号環状線北行きを挟んで西区江戸堀とそれぞれ接する。

高麗橋1交差点(堺筋)には高麗橋野村ビル三井住友銀行大阪中央支店(旧・三井銀行大阪支店)などの近代建築があり、以前には三越大阪店もあった。他には2丁目に料亭・吉兆の本店がある。

里程元標跡碑が建つ高麗橋東詰には、阪神高速1号環状線の高麗橋入口がある。

歴史編集

1872年明治5年)まで、現在の3丁目と4丁目のうち丼池筋 - 御堂筋間は上人町(しょうにんまち)、御堂筋 - 御霊筋間は四軒町(しけんちょう)、御霊筋以西は大豆葉町(まめのはちょう)、西横堀川沿いは七郎右衛門町1 - 2丁目という町名だった。

江戸時代以来の高麗橋1 - 3丁目には呉服屋、両替屋、屋、苧麻屋などが集積していた。特筆されるのが越後屋の存在で、明治以降に三越三井銀行、さらには三井物産東洋棉花)となって行く。銀行は他にも、第一国立銀行大阪支店、第三十四国立銀行第百三十国立銀行が設立され、高麗橋通は銀行街へと変貌した。

1962年昭和37年)に埋め立てられた西横堀川には筋違橋が架橋されていた。

施設編集

交通編集

出身者・ゆかりのある人物編集

脚注編集

  1. ^ 中央区 人口
  2. ^ a b c 『日本紳士録 第39版』大阪シ之部130頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年6月2日閲覧。
  3. ^ 『人事興信録 第11版 上』シ75頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年2月9日閲覧。

参考文献編集

  • 交詢社編『日本紳士録 第39版』交詢社、1935年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版 上』人事興信所、1937-1939年。

関連項目編集

外部リンク編集