メインメニューを開く

島 清(しま きよし、1908年明治41年)9月29日 - 1997年平成9年)5月15日)は、日本の政治家。元参議院議員、元うるま新報(現・琉球新報社長

目次

略歴編集

沖縄県糸満町に生まれる[1]1938年昭和13年)、法政大学法文学部を卒業する。戦前は、社会運動家として、日本大衆党全国大衆党全国労農大衆党社会大衆党などで活動する[2]

1945年(昭和20年)、ウルマ新報(後にうるま新報に社名変更)の初代社長に就任する。

1947年(昭和22年)、第1回参議院議員通常選挙東京都選挙区より出馬し、当選する(日本社会党)。また、全国戦災者事業団副理事長に就任する[3]1954年(昭和29年)、日本社会党(右派社会党中央執行委員に就任[4]1956年(昭和31年)、第4回参議院議員通常選挙に当選し、1960年(昭和35年)に民主社会党の結成に参加する。1978年(昭和53年)に勲二等旭日重光章を受章する。 1997年(平成9年)5月15日に死去、88歳。

著書編集

  • 『わが言動の書 : 沖縄への報告』(沖縄情報社、1970)

参考編集

注釈編集

  1. ^ 『沖縄 空白の一年』
  2. ^ 『現代物故者事典1997-1999』
  3. ^ 『昭和人名事典Ⅱ 第1巻東京篇』
  4. ^ 『現代物故者事典1997-1999』