島田克美

島田 克美(しまだ かつみ、1926年1月3日 - )は、日本の経済学者。

石川県生まれ。1947年東京帝国大学法学部卒。48年人事院、50年公正取引委員会、57年経済企画庁、1967年住友商事入社、74年業務本部調査計画部長、81年理事、事務本部副本部長、京都学園大学経済学部教授[1]、1989年流通経済大学特任教授、97年客員教授[2]。92年「商社商権論」で大阪市立大学商学博士

目次

著書編集

  • 『国際経済と日本』学文社双書 1984
  • 『海外直接投資入門』学文社 1986
  • 『産業の昭和社会史 2 商社』日本経済評論社 1986
  • 『日米経済の摩擦と協調』有斐閣 1988
  • 『商社商権論』東洋経済新報社 流通経済大学流通問題研究所叢書 1990
  • 『系列資本主義』日本経済評論社 1993
  • 『東アジアと台湾の経済 政府、市場、組織・ネットワークの役割』学文社 1994
  • 『企業間システム 日米欧の戦略と構造』日本経済評論社 1998
  • 『概説海外直接投資』学文社 1999
  • 『親鸞教の歴史ドラマ 忘れえぬ著者たち』ライフリサーチプレス 2006
  • 『企業間関係の構造 企業集団・系列・商社』流通経済大学出版会 2010
  • 『戦後史の経済 異論の現場』創英社/三省堂書店 2014

共編著編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 『戦後史の経済 異論の現場』著者紹介