三省堂書店

日本の書店チェーン

株式会社三省堂書店(さんせいどうしょてん、: SANSEIDO BOOKSTORE LTD.)は、東京都千代田区神田神保町に本店を構える大手書店である[注 1]

株式会社三省堂書店
SANSEIDO BOOKSTORE LTD.
Sanseido-Bookstore-Building-01.jpg
三省堂書店神保町本店(東京都千代田区)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
101-0051
東京都千代田区神田神保町一丁目1番地
北緯35度41分44.3秒 東経139度45分39.0秒 / 北緯35.695639度 東経139.760833度 / 35.695639; 139.760833座標: 北緯35度41分44.3秒 東経139度45分39.0秒 / 北緯35.695639度 東経139.760833度 / 35.695639; 139.760833
設立 1928年(昭和3年)10月18日
業種 小売業
法人番号 7010001016830 ウィキデータを編集
事業内容 和洋書籍・雑誌、事務機器、文房具、語学教育機器、CD-ROM等の販売、書店業務のアプリケーション提供事業、企業・大学内売店運営、図書館管理サポート事業、フランチャイズ事業
代表者 代表取締役社長 亀井崇雄
資本金 4500万円
純利益 ▲3億5740万6000円
(2021年08月31日時点)[1]
純資産 40億3876万5000円
(2021年08月31日時点)[1]
総資産 163億0800万3000円
(2021年08月31日時点)[1]
従業員数 226名 (正社員)
支店舗数 21店舗、11営業所
決算期 8月31日
主要子会社 株式会社三省堂ブックポート
外部リンク www.books-sanseido.co.jp ウィキデータを編集
特記事項:創業は1881年明治14年)4月8日
テンプレートを表示

日本各地および、かつてはアメリカにも店舗を展開し、紀伊國屋書店丸善と並ぶ老舗の大手書店チェーンである。外商フランチャイズ店舗も存在する。神保町本店は地域最大の規模を誇り、ランドマーク的存在ともなっているほか、電子書籍の店頭販売も実施されている[2]

「三省堂」という店名は『論語』学而篇の一節「吾日三省吾身(われ日にわが身を三省す)」から取って、早稲田大学創立者の大隈重信が初代社長に送った、というエピソードがある。

出版社の三省堂は、三省堂書店の出版事業部が1915年に独立したものだが、1974年以降は両社に直接の資本関係はない。

創業者一族の亀井家は、ソニー創業者の盛田昭夫と縁戚関係にある。

神田神保町のランドマーク的存在ともいわれた[3]

沿革編集

 
創業者の亀井忠一

店舗編集

2021年5月時点で東京都10店舗、神奈川県3店舗、埼玉県1店舗、千葉県2店舗、北海道3店舗、愛知県2店舗、岐阜県1店舗、計22店舗を展開する。このうち神田神保町(登記上の本店所在地)、池袋(西武池袋本店内)、名古屋(タカシマヤゲートタワーモール)の店舗をそれぞれ「神保町本店」「池袋本店」「名古屋本店」と称している[7]

関西では京都府1店舗、天王寺ミオにある大阪府1店舗あったが[注 2]、京都店は2018年6月17日、ステーショナリー天王寺は同年7月31日を以ってそれぞれ閉店したため、関西から撤退している。かつてはアメリカに5店舗あったが、全て閉店している。 2011年7月21日には、書店空白地帯であった北海道留萌市の市民らからの要望に応え、人口30万人を出店目安にしてきた三省堂書店としては異例ながら同市への進出を決定。新店舗「留萌ブックセンター」を出店している[8][9]。また、リブロが本店を構えていた西武池袋本店書籍館・別館に池袋本店を居抜きで出店し、2015年7月29日には別館地下1階部分がプレオープン[10]。同年秋に書籍館部分がオープンし、同年12月6日にグランドオープンした[11][12]。2022年5月8日、神保町本店は建替えのために一時閉店した。現在のビルは解体され、6月1日から少なくとも3年間、神田小川町の仮店舗で営業、本社部門も移転する[1]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 書店所在地は、佐賀藩出身の古賀侗庵、古賀謹一郎が設立した久敬舎の跡地である。
  2. ^ ステーショナリー天王寺という文具専門店。

出典編集

  1. ^ a b c 株式会社三省堂書店 第93期決算公告
  2. ^ “電子書籍を店頭販売 有隣堂・三省堂書店など、3000作品”. 日本経済新聞. (2014年6月26日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ160HF_W4A610C1TI0000/ 2015年7月23日閲覧。 
  3. ^ 「第二章へ。」三省堂書店本店が仮店舗で再オープン 開店前からファンの列”. 日刊スポーツ (2022年6月1日). 2022年6月1日閲覧。
  4. ^ 本社ビル建替えに関するご案内(三省堂書店 2021年9月2日 2021年9月19日閲覧)
  5. ^ 三省堂書店現本社・本店ビル建替えに関するプロジェクトマネジメント業務委託契約締結について (PDF)”. 三省堂書店・三菱地所 (2021年9月30日). 2021年10月1日閲覧。
  6. ^ 本社ビル建替えに伴う移転先のご案内 (PDF)”. 三省堂書店 (2022年4月1日). 2022年5月28日閲覧。
  7. ^ 店舗情報(三省堂書店)
  8. ^ “三省堂、書店ゼロの留萌に進出 「子供に必要」地元が訴え”. 日本経済新聞. (2011年7月22日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFC21006_R20C11A7L41000/ 2015年7月23日閲覧。 
  9. ^ 「書店の灯留萌に再び 三省堂が市民らの誘致に応え」『北海道新聞』 2011年7月22日
  10. ^ “【池袋本店】7月29日(水)1st Stageオープン”. 三省堂書店. (2011年7月22日). https://www.facebook.com/notes/974860789225645 2015年7月24日閲覧。 
  11. ^ “池袋リブロ跡地に三省堂書店 夏から冬にかけ3段階でオープン計画”. 池袋経済新聞. (2015年8月5日). http://ikebukuro.keizai.biz/headline/1327/ 2015年8月9日閲覧。 
  12. ^ “そごう・西武、本店内の三省堂を6日全面開業”. 日本経済新聞電子版. (2015年12月3日). オリジナルの2016年3月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160318125253/https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ03HFZ_T01C15A2TI5000/ 

関連項目編集

  • 晃星堂書店 - 大分県大分市の書店。1984年に三省堂書店と共同出資し、大分市内に晃星三省堂を出店。

外部リンク編集