メインメニューを開く

崎山村 (長崎県)

日本の長崎県南松浦郡にあった村

崎山村(さきやまむら)は、長崎県南松浦郡にあった村。五島列島福江島の東端を村域とした。1954年(昭和29年)に福江島東部の周辺各町村と合併し市制施行、福江市となった。
現在は五島市の一部となっている。

さきやまむら
崎山村
廃止日 1954年4月1日
廃止理由 新設合併
福江町奥浦村崎山村本山村大浜村福江市
現在の自治体 五島市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
南松浦郡
総人口 5,248
国勢調査、1950年)
隣接自治体 南松浦郡福江町本山村
崎山村役場
所在地 長崎県南松浦郡崎山村下崎山郷
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

五島列島福江島の東端と周辺島嶼部を主な村域とする。「崎山」の地名由来として、福江火山群によって形成された半島の先に箕岳・臼岳がある事から「先山」といわれ、後に崎山の字を当てたとされる。

  • 島嶼:赤島、大板部島、小板部島、立島
  • 山:鬼岳火ノ岳、箕岳、臼岳
  • 港湾:崎山漁港

歴史編集

地名編集

を行政区域とする。崎山村は1889年の町村制施行時に単独で自治体として発足したため、大字は無し。

  • 赤島郷
  • 上崎山郷
  • 下崎山郷
  • 長手郷
  • 向郷

名所・旧跡編集

  • 白浜貝塚

参考文献編集

脚注編集

関連項目編集