半島

3方位が水に接している陸地

半島(はんとう)とは、3方位が水(など)に接している陸地のこと。「半島」とはラテン語のパエニンスラ(ラテン語: paeninsula・「ほぼ、半ば」を意味するpaeneと「」を意味するinsulaの2語による造語=「ほぼ島のようなもの」)を翻訳したもの。

伊豆半島(静岡県)
薩摩半島(鹿児島県)
平久保半島(沖縄県)

概要編集

半島は、陸地の一部が海などの水域に突き出た形になった部分である。非常に小さいものはと呼ばれる。大陸など他の地理的概念と同様に、具体的かつ普遍的な定義はない。歴史を通じて海上交通での知見から海から見て「島のように見える陸地」を慣行として「半島」と呼ばれているものである。そのためヨーロッパインドのように非常に大きな半島は亜大陸大陸と呼ばれる。 現在は、アラビア半島が最大の半島とみなされている。また、半島の一部がさらに突き出た形になっている場合、それを別の半島と見なすこともある。

成り立ち編集

半島の成り立ちは様々である。

プレート移動に拠るもの
プレート移動に伴って起こるもの。大規模な半島の多くはプレート移動が要因となっている。インドプレートユーラシアプレートに長い時間をかけてぶつかることによってできたインド半島がよく知られた例である。逆に、アラビア半島は大陸地殻が引き裂かれる形で半島となっている。また、日本では伊豆半島フィリピン海プレートの移動に拠る)の例が知られている。
砂嘴、陸繋島に拠るもの
河川から流れてきた土砂が堆積し砂嘴を形成したり、砂嘴が海岸から程近いと繋がり陸繋島となった場合に半島となる。この場合、規模は小さい。砂嘴の例として野付半島、陸繋島の例として男鹿半島がある。
水域の埋め立てや干拓に拠るもの
工業用地などを造成するため、人工的に土砂で海洋などを埋め立てて海岸と島が繋がったもの。規模は小さい。日本では香焼半島、児島半島などの例がある。

世界のおもな半島編集

面積10万平方キロメートル以上の半島を大きい順に次に記す。

  1. アラビア半島
  2. インド半島(ここでは南インドw:en:Peninsular_India)部分を指す)
  3. ラブラドル半島
  4. スカンジナビア半島
  5. イベリア半島
  6. インドシナ半島
  7. アナトリア半島
  8. バルカン半島
  9. カムチャツカ半島
  10. マレー半島
  11. 朝鮮半島
  12. ヨーク岬半島
  13. イタリア半島
  14. バハ・カリフォルニア半島
  15. フロリダ半島
  16. ブーシア半島(カナダ・ヌナヴト
  17. ソマリア半島(アフリカの角

順位外編集

日本の半島一覧編集

国土が半島にある国編集

アジア編集

ヨーロッパ編集

アフリカ編集

その他編集

関連項目編集

外部リンク編集

  • 半島を行く(国土交通省 都市・地域整備局 地方整備課 半島振興室)