崔 説(さい えつ、512年 - 575年)は、北魏から北周にかけての官僚軍人。本名は士約。本貫博陵郡安平県崔謙の弟。

経歴編集

崔楷の子として生まれた。領軍府録事を初任とし、諮議参軍に転じた。532年賀抜勝荊州刺史となると、士約は仮節・冠軍将軍・防城都督となった。534年、賀抜勝が侯景に敗れると、士約は賀抜勝に従って南朝に亡命した。537年西魏に帰国した。衛将軍・都督の位を受け、安昌県子に封じられた。宇文泰の下で弘農沙苑の戦いに参加し、功績を挙げた。爵位に進み、京兆尹に任じられた。

帥都督に転じ、撫軍将軍・通直散騎常侍・大都督となり、車騎大将軍・儀同三司・都官尚書・定州大中正に進んで、安固県侯に改封された。宇文氏の姓を賜り、あわせて説の名を賜った。驃騎大将軍・開府儀同三司に進み、侍中の位を加えられ、万年県公に進封された。隴州刺史に任ぜられ、総管涼甘瓜三州諸軍事・涼州刺史に転じた。強引な統治で、民衆に恐れられた。

斉王宇文憲が東征すると、崔説はその下で行軍長史となった。帰還すると、使持節・崇徳安義等十三防熊和中等三州諸軍事となり、崇徳防主をつとめ、大将軍の任を加えられ、安平県公に改封された。575年1月10日、死去した。享年は64。敷延丹綏長五州刺史の位を追贈された。は壮といった。

子の崔弘度は、上柱国・武郷郡公となった。

伝記資料編集

  • 周書』巻35 列伝第27
  • 北史』巻32 列伝第20
  • 周大将軍崔説神道碑