メインメニューを開く

川上村(かわかみむら)は、日本の領有下において樺太に存在した

川上村
廃止日 1949年6月1日
廃止理由 国家行政組織法施行
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 樺太地方
都道府県 樺太庁 豊原支庁
豊栄郡
総人口 5,720
1941年12月1日
隣接自治体 豊栄郡落合町豊北村
真岡郡清水村
川上村役場
所在地 樺太庁豊栄郡川上村
特記事項 1943年4月1日以降は北海地方に所属。
 表示 ウィキプロジェクト

概要編集

炭鉱が存在した。交通機関としては川上線があり、豊栄郡豊北村の小沼駅まで通じていた。

1934年、日本初の恐竜の化石(ニッポノサウルス)が村内で発見されている。

歴史編集

村内の地名編集

  • 川上炭山(かわかみたんざん)
  • 中山(なかやま)
  • 川上峠(かわかみとうげ)

[1]

地域編集

教育編集

以下の学校一覧は1945年(昭和20年)4月1日現在のもの[2]

  • 樺太公立川上国民学校

脚注編集

  1. ^ 南樺太:概要・地名解・史実(西村いわお・著、高速印刷センター内出版部 1994年)より。
  2. ^ 北海道立教育研究所『北海道教育史 地方編2』(1957年)p. 1678

関連項目編集