川上 親賢(かわかみ ちかかた、生年不明 - 1911年明治44年〉4月23日[1])は、明治時代の官吏

経歴編集

鹿児島県士族[1]1877年(明治10年)一等少警部を拝命する[1]。のち陸軍に入り歩兵大尉に進み、1887年(明治20年)9月に後備役に編入した[2]

その後、台湾総督府撫墾署技手、同署主事[3]岐阜県養老郡長[4]長野県更級郡[5]などを歴任した。

のち同県下水内郡長在任中、飯山青年倶楽部総会の宴にて脳溢血を起こし死去した[6]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

参考文献編集

  • 大植四郎 編 『国民過去帳 明治之巻』 尚古房、1935年https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1262271 
  • 上田正昭ほか 監修 『講談社日本人名大辞典』 講談社、2001年。ISBN 4062108496