川勝 広峯(かわかつ ひろみね)は、江戸時代中期の旗本。広恒流川勝家の6代当主。

 
川勝広峯
時代 江戸時代中期
生誕 寛延2年(1749年
死没 寛政7年3月6日1795年4月24日
別名 豊三郎、清三郎(通称)
戒名 澄水(法名)
墓所 東京都港区赤坂の法安寺
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川家治家斉
氏族 川勝氏
父母 父:川勝隆盛、母:戸川正方の娘
養父:川勝広豊
兄弟 隆忠広豊広峯、女子、
女子
正室:谷轉衛の娘
川勝広土(養子。根岸定用の三男)、
女子
テンプレートを表示

生涯編集

寛延2年(1749年)、川勝隆盛の三男として江戸に生まれ、後に実兄である川勝広豊の末期養子となった[1]明和6年(1769年)6月6日、広豊の死去により家督(武蔵下総常陸内550石)を継ぎ、同年12月22日に初めて将軍徳川家治に拝謁した。

明和7年(1770年)3月4日、江戸城西の丸の書院番となった。安永元年(1772年)9月22日、職を辞し、寛政6年(1794年)4月24日に隠居した。

寛政7年(1795年)3月6日、47歳で没した。家督は養子の広土が継いだ。


脚注編集

  1. ^ 延享3年(1746年)、実兄の広豊は広恒流川勝家の5代当主として養子に入っていた。

参考文献編集

  • 『寛政重修諸家譜(第18)新訂』続群書類従完成会、1981年
先代:
広豊
川勝知氏系広恒流
6代:1769年 - 1794年
次代:
広土