メインメニューを開く

川島 博之(かわしま ひろゆき、1953年11月29日 - )は、日本の開発経済学者。ビングループ英語: Vingroup主席経済顧問、Martial Research and Management Co.,Ltd. Chief Economic Adviser。元東京大学大学院農学生命科学研究科准教授。専門は農業からみたアジア経済、開発経済学。

川島博之
生誕 (1953-11-29) 1953年11月29日(65歳)
日本の旗 日本 東京都

2011年11月には行政刷新会議ワーキンググループ(提言型政策仕分け)の評価者を務める。

目次

略歴編集

東京都生まれ。1977年東京水産大学卒業、1983年東京大学大学院工学系研究科博士課程単位取得の上退学。東京大学生産技術研究所助手農林水産省農業環境技術研究所主任研究官、ロンドン大学客員研究員、東京大学大学院農学生命科学研究科准教授などを経てビングループ英語: Vingroup主席経済顧問。

1984年3月 東京大学 工学博士 論文の題は「都市河川汚濁回復に関する研究 」[1]

主張編集

化学肥料の普及により穀物の大量生産が可能となった。そのために食料危機は起こりえない。


食料自給率についても食料危機が起こらない以上こだわる必要がない。


経済開発に伴い農村から都市に人口が移動するが、アジアは農村の人口密度が高いために都市人口が急増しやすい。それにより都市とその周辺の地価が高騰する。

アジアの経済発展を分析する際には、この現象に注目する必要がある。

これまで農業経済学が行なってきた農業や農村の分析は、アジアの経済発展を分析する際に有効な手法にはなり得ない。

主な著書編集

著作
  • 「世界の食料生産とバイオマスエネルギー」、東京大学出版会、2008年、ISBN 978-4-13-072102-8
  • 「『食糧危機』をあおってはいけない」、文藝春秋、2009年、ISBN 978-4-16-371240-6
  • 「農民国家・中国の限界」、東洋経済新報社、2010年、ISBN 978-4-49-244367-5
  • 「食料自給率」の罠 輸出が日本の農業を強くする、朝日新聞出版、2010年、ISBN 978-4-02-330830-5
  • 「食の歴史と日本人 『もったいない』はなぜ生まれたか」、東洋経済新報社、2010年、ISBN 978-4-492-04402-5
  • 「『作りすぎ』が日本の農業をダメにする」、日本経済新聞出版社、2011年、ISBN 978-4-532-35477-0
  • 「電力危機をあおってはいけない」、朝日新聞出版、2011年、ISBN 978-4-023-30992-0
  • 「『戦略』決定の方法 ビジネス・シミュレーションの活かし方」、朝日新聞出版、2012年、ISBN 978-4-023-31022-3
  • 「データで読み解く中国経済―やがて中国の失速がはじまる」、東洋経済新報社、2012年、ISBN 978-4-492-44392-7
  • 「データで読み解く中国の未来―中国脅威論は本当か」、東洋経済新報社、2015年、ISBN 978-4-492-44418-4
  • 「戸籍アパルトヘイト国家・中国の崩壊」、講談社、2017年、ISBN 978-4-062-91506-9
  • 「習近平のデジタル文化大革命 24時間を監視され全人生を支配される中国人の悲劇」、講談社、2018年、ISBN 978-4-065-13260-9
共著

共編

監修

解説

分担執筆編集

外部リンク編集

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース