川島 惟忠(かわしま これただ、生年不明 - 天正7年12月27日1579年1月23日))は、戦国時代武将阿波国川島城主。三好家の一族、家臣。兵衛進。

元亀3年(1572年)に上桜城に居城していた篠原長房の討伐で功績を挙げ、阿波川島一帯二百貫を知行。川島城を築く。天正7年(1579年)に脇城外の戦いで討死、子孫は備中まで逃れていったという。

惟忠死後、蜂須賀家政が阿波に入国し、川島城は家政の家臣・林能勝が城主となった。

関連項目編集

脚注編集