工藤 和樹(くどう かずき、1980年8月21日 - )は、大阪府出身の元プロ野球審判員。袖番号は48。父親は元プロ野球選手工藤一彦[1]

来歴・人物編集

関西大学第一高等学校出身で3年生の時に春夏連続で甲子園に出場。ポジションはエース久保康友の控え投手だった[1]

その後、関西大学を経て2006年パシフィック・リーグ審判員となる。

2011年の審判員統合により、工藤の袖番号は『10』から『48』に変わり、球審での構えもシザーススタンスに変更された。

2015年シーズン限りで契約更新されず引退。

審判出場記録編集

  • 初出場:2008年6月28日西武ロッテ10回戦(西武ドーム)、三塁塁審。
  • 出場試合数:248試合
  • オールスターゲーム出場:なし
  • 日本シリーズ出場:なし

(記録は2015年シーズン終了時)

脚注編集

  1. ^ a b 【虎のソナタ】審判の経費節減余波!?”. サンケイスポーツ. 2011年2月27日閲覧。

関連項目編集