巨大歯(きょだいし、macrodont)とは、歯の形態異常の一つ。ヒトの平均的な解剖学的大きさを基準とした際に、それよりも異常に大きいのこと。

巨大歯
分類および外部参照情報
ICD-10 K00.2
ICD-9-CM 520.2
テンプレートを表示

好発部位は上顎中切歯[1]上顎側切歯上顎犬歯[1]下顎中切歯第一大臼歯[1]過剰歯[1]で、前歯部に多い。主に永久歯が巨大歯となり、乳歯ではほとんどみられない。臨床的には、癒合歯をその歯冠幅径から巨大歯と判断してしまう場合もある。

歯牙腫との鑑別が必要となることもある[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d e 古郷幹彦 著「3章先天異常および後天異常 1歯の異常 3歯の形態異常」、白砂兼光古郷幹彦 編 『口腔外科学』(第3版)医歯薬出版東京都文京区、2010年3月10日、39-40頁。ISBN 978-4-263-45635-4NCID BB01513588 

関連項目編集