メインメニューを開く

白砂 兼光(しらすな かねみつ、1945年4月-)は、日本の顎顔面口腔外科医。九州大学名誉教授。口腔癌、唾液腺疾患の研究で知られ、Cancer や Cancer Research など著明癌専門誌に多数の業績を残している[1]。また長年、日本口腔科学会誌や Oral ScienceInternational 誌の編集委員長として口腔科学の発展に寄与した[2][3]。現在は口腔がんの早期発見活動や口腔粘膜疾患の診療を行っている。

白砂兼光
生誕 1945年4月[1]
居住 日本の旗 日本
研究分野 外科系歯学
研究機関 大阪大学九州大学広島大学
出身校 大阪歯科大学
プロジェクト:人物伝


目次

目次編集

経歴編集

1970年 大阪歯科大学歯学部卒業

1970年 大阪大学歯学部第1口腔外科に入局

1981年 大阪大学講師(歯学部附属病院)

1982年 西ドイツ ウルツブルグ大学助手(口腔顎顔面外科)

1987年 大阪大学助教授(第1口腔外科学講座)

1995年 九州大学教授(第2口腔外科学講座)

2000年 九州大学大学院教授(歯学研究院口腔顎顔面外科)

2009年~2011年 広島大学大学院特任教授(医歯薬研究科)[4]

2009年~現在  九州大学名誉教授

著作編集

所属団体編集

  • 日本口腔外科学会 指導医、名誉会員
  • 日本口腔科学会  元副理事長、学会誌元編集委員長、名誉会員
  • 日本頭頸部癌学会 元理事
  • 日本口腔腫瘍学会 元理事
  • 日本顔面神経機能学会 元理事長

  その他、米国癌学会、日本癌学会、日本癌治療学会を通じて癌研究に従事した。

脚注編集

1.     白砂兼光教授退任記念誌

2.     日本口腔科学会雑誌 63 巻 3 号 2014年 編集者一覧

3.     Oral Science international 13 巻 1 号 2016年 編集者一覧

4.     広島大学大学院医歯薬学総合研究科バイオデンティスト育成プログラム. 2010年11月21日閲覧。


  1. ^ 白砂 兼光 【研究者】”. J-GLOBAL. 科学技術振興機構 (2010年3月24日). 2010年11月21日閲覧。