メインメニューを開く

上顎犬歯(じょうがく けんし、英語名:maxillary canine)は、上顎歯列側切歯の遠心側に隣接するのこと。

正中から3番目にあることから「上顎第三歯」、略して「上顎三番」とも言う。 近心側隣接歯は上顎側切歯、遠心側隣接歯は上顎第一小臼歯、対合歯は下顎犬歯下顎第一小臼歯である。

ヒトの場合、歯冠が完成するのは6- 7歳時であるが、萌出は11- 12歳と遅い。歯根完成は12- 15歳の頃である[1]。 萌出が周囲の歯よりも遅いため、萌出するスペースが残っていないことがあり、この場合、唇側転移をすることが多い。これを一般に「八重歯(やえば)」と呼ぶ。

目次

特徴編集

犬歯は言わば「」であり、他の歯に比べ、根が非常に深く頑丈な歯である。平均寿命は日本人で右側が61.8歳、左側が62.1歳となっている[2]。顎の動きをアプローチするために非常に重要な歯であり、「Key teeth」「鍵歯」とも呼ばれる。そのため、矯正治療の際にも抜歯することはほとんどない。

関連事象編集

ヒト以外の動物の上顎犬歯については、別項「」および「犬歯」を参照のこと。

脚注編集

参考文献編集

  • 平成11年歯科疾患実態調査 (厚生省
  • 本川渉久芳陽一「第4章 歯の発育」『新小児歯科学』下岡正八五十嵐清治内村登木村光孝鈴木康生大東道治本川渉渡部茂クインテッセンス出版東京都文京区、2004年3月25日、第1版第5刷、51-78頁。ISBN 4-87417-501-5

関連項目編集