巴 ゆき子(ともえ ゆきこ、1935年11月1日 - )は、栃木県宇都宮市出身の元女子プロレスラーである。日本人初の女子プロレス世界王者。本名・黒崎 幸子。身長170cm。

巴 ゆき子
プロフィール
リングネーム 巴 ゆき子
巴 幸子
本名 黒崎 幸子
ニックネーム 昭和の巴御前
身長 170cm
誕生日 (1935-11-01) 1935年11月1日(86歳)
出身地 栃木県宇都宮市
所属 日本女子プロレス協会
全日本女子プロレス
スポーツ歴 バレーボール
ソフトボール
デビュー 1955年
引退 1970年
テンプレートを表示

来歴編集

学生時代はバレーボールやソフトボールに熱中。

1955年日本女子プロレス協会に入門。当初のリングネームは「巴幸子」で、同期に吉葉礼子・山口洋子姉妹と柳みゆき

1968年3月2日台東体育館にて、ファビュラス・ムーラが持つNWA女子世界王座に挑戦。60分3本勝負で1-1となった3本目で両者リングアウトとなり王座獲得ならず。

3月10日東大阪市体育館でムーラと再戦。1-1での3本目を4分53秒でムーラのリングアウトで念願のNWA王座を獲得。日本人で初めて女子プロレス世界王座のベルトを獲得した。なお、当時は男子でもNWAのシングル世界王座を獲得した日本人はヒロ・マツダNWA世界ジュニアヘビー級王座)のみであり(ジャイアント馬場NWA世界ヘビー級王座を獲得する6年前)、日本国内中心に活動する日本人選手として、男女通じて初のNWA世界王座獲得ともなった。

その後ムーラ相手に2度防衛も、同年4月2日の浜松市体育館にて敗れ王座陥落。

同年、全日本女子プロレスの旗揚げに参加。後に「巴ゆき子」にリングネームを改名。

9月1日、USガールズ王座を奪取。

1969年3月31日、インターナショナル・ガールズ王座を奪取し2冠達成。

1970年引退[1]日本プロスポーツ大賞で功労賞を受賞した。

その後、全女のスタッフに転向。初の女性レフェリーとなり、コーチも務めた。また、マッハ文朱の名付け親でもある。

退社後は1979年より武蔵小山駅近くでスナック「ラセーヌ」を経営[1]し、同郷である立野記代を始め後輩レスラーが店を手伝うこともあったが、体調不良のため閉店し地元に帰った。

全日本女子協会時代にはドキュメンタリー映画リングの女豹」に他のレスラーとともに出演した。

タイトル編集

得意技編集

  • 人間風車

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ロッシー小川『女子プロレス崩壊・危機一髪』、ぶんか社、1997年11月、P202。

関連項目編集