巴蜀語(はしょくご、普通話拼音:Bāshǔ yǔ、四川語拼音:Ba1su2yu3、IPA:[pa55su21y53])は、かつて中国四川省重慶などの地域で使用されていた言語。中古漢語からの派生諸語とされる。

巴蜀語
話される国 中国
地域 巴蜀地域(現在の四川省重慶
消滅時期 代(四川官話、特に岷江語に特徴が残っている)
言語系統
シナ・チベット語族
  • シナ語派
    • 巴蜀語
言語コード
ISO 639-3 なし
テンプレートを表示

概要編集

華夏語と古蜀語、古巴語を由来とし、前漢の時代から使用されていた。四川盆地の閉鎖的な地理条件から、巴蜀語は代まで独立した言語として成立していたが、代に絶滅した。[1]現在は岷江語楽山語、あるいはそれに近い地方の方言で巴蜀語の特徴が残っている。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 周振鶴,游汝杰 (1986). 《方言与中国文化》. 上海人民出版社. ISBN 9787208062078