市川 昌房(いちかわ まさふさ)は、戦国時代武将甲斐武田氏家臣

 
市川昌房
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天正3年5月21日1575年6月29日
官位 宮内助[1]
主君 武田信玄
氏族 市川氏
父母 父:市川元松[1]
兄弟 市川昌房市川内膳正、養子市川昌倚
吉千世[1]
テンプレートを表示

経歴・人物編集

武田信玄に仕え、勘定奉行を務めた[1]。また、駿河の寺社支配に関与した[1]元亀元年(1570年)より諏訪郡高島城代となり、同年7月6日在城料として、同郡真志野郷などの地を知行する[1][2]。のち天正3年(1575年)の長篠の戦いで戦死する[1]。昌房の死後、今福昌和が諏訪高島城代の後任となった[1]

家督は市川昌倚が継いだ。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h 柴辻俊六・平山優 『武田勝頼のすべて』 新人物往来社、p.220(2007)
  2. ^ 『信濃史料』補遺編-上、p.452