メインメニューを開く

市橋 政信(いちはし まさのぶ)は、近江仁正寺藩の第2代藩主。仁正寺藩市橋家3代。

 
市橋 政信
時代 江戸時代前期から中期
生誕 元和9年10月5日1623年11月26日
死没 元禄17年1月1日1704年2月5日
改名 兵吉(幼名)、政信
戒名 龍源院殿覚潭玄澄大居士
墓所 東京都荒川区西日暮里の南泉寺
官位 従五位下下総
主君 徳川家光家綱綱吉
近江国仁正寺藩主
氏族 市橋氏
父母 父:市橋長政、母:小山田茂誠の娘
兄弟 政信政直
正室:板倉重宗の娘(寿香院)
継室:溝口宣直の娘(慈光院)
政房(長男、早世)、政勝(四男、病により廃嫡)、信治(五男)
娘(蒔田定次継室)、娘(山崎義方正室)
養子:利政(病により廃嫡)、信直(弟・政直の長男)

初代藩主・市橋長政の長男。母は小山田茂誠の娘。

元和9年(1623年)10月5日、江戸で生まれる。幼名は兵吉。寛永6年(1629年)12月、将軍徳川家光にお目見えする。慶安元年(1648年)6月14日、父が死去したため跡を継ぐ。このとき、弟の政直に近江国蒲生郡内で4,000石(または1,000石)を分与した。同年12月晦日、従五位下下総守に叙任する。駿府城の加番や京都警護などを務めている。

元禄17年(1704年)1月1日、82歳で死去し、跡を甥で養嗣子の信直が継いだ。