帝国整序令帝国分割令帝国継承令、または帝国計画令(ラテン語:Ordinatio imperii, オルディナティオ・インペリイ)は、817年7月にローマ皇帝ルートヴィヒ1世が定めた帝位継承に関する規定である。

経緯編集

皇帝ルートヴィヒ1世には妃エルマンガルド・ド・エスベイとの間にロタールピピンルートヴィヒの3男がいた。817年4月9日(聖木曜日)、アーヘンの王宮の木造アーチの一部が崩壊し、下を通りかかったルートヴィヒ1世が負傷する事故が起こった[1]。この時ルートヴィヒ1世は自らの死が近いことを予期し(実際には840年に死去)、聖俗貴族をアーヘンに集め宮廷会議を開き、帝位継承に関する規定を定めた[2]。これが「帝国整序令」である。

内容編集

長男ロタールが共同皇帝(皇帝ロタール1世)となり、次男ピピンがアクィタニアを支配し(アクィタニア王ピピン1世)、三男ルートヴィヒにはバイエルンの独立の支配権を与えるが(バイエルン王ルートヴィヒ)、その死後は長男ロタールに帰属するというものであった[2]。また、ルートヴィヒ1世の死後、ピピン及びルートヴィヒはロタールの支配下に入ることとされ[1]、それぞれの領地のさらなる分割は禁止された[3]

その後編集

この規定は帝国領の継承をルートヴィヒ1世の息子に限定するものであった。父帝カール大帝の三男イタリア王ピピン(810年死去)の息子ベルンハルトは相続から排除された形となり、これに不満を持ったベルンハルトはルートヴィヒ1世に対し叛旗を翻し、818年に刑を受け死去した[4][5]

また、妃エルマンガルドも818年に死去、ルートヴィヒ1世はその翌年にユーディト・フォン・アルトドルフと再婚し823年にシャルルをもうけた。ユーディトは自らの息子シャルルのために領地を要求し、父ルートヴィヒ1世及び4人の息子の間で対立が20年にわたり続くことになる。

  • 826年:ルートヴィヒが「バイエルン王」の称号の使用を始める。
  • 829年8月:ルートヴィヒ1世がシャルルにフリースラントからブルグント、アルザス、アレマニアに及ぶ領地を与える。ロタールの領地はイタリアに限定され、共同統治も終了。
  • 830年:ブルターニュ遠征に不満を持った貴族に擁立されロタールがルートヴィヒ1世に叛旗を翻し、ルートヴィヒ1世から帝位を奪う。「帝国整序令」の復活。
  • 831年:ロタールの独裁を恐れたピピンとルートヴィヒがロタールと対立、ルートヴィヒ1世を復位させる。
  • 833年:ロタールがルートヴィヒ1世に対し反乱を企てる。ロタール・ピピン・ルートヴィヒの同盟成立、ルートヴィヒ1世が孤立、6月30日にルートヴィヒ1世は3兄弟に捕らえられる。10月1日、ロタールはルートヴィヒ1世を廃位。
  • 834年3月1日:ルートヴィヒ1世が復位。
  • 837年:妃ユーディトがルートヴィヒ1世に、シャルルのマース川流域及びブルグントの相続を承諾させる。
  • 838年12月13日:ピピン死去、息子ピピン2世がアクィタニア支配を継承。一方でシャルルがアクィタニア王位を継承。
  • 839年5月:ヴォルムスでルートヴィヒ1世が、帝国の大半をロタールとシャルルの間で分割することを決定。ピピンの息子達の継承は取り消され、ルートヴィヒはバイエルンのみに限定される。
  • 840年:春[6]ライン川東側の支配権を要求するバイエルン王ルートヴィヒ制圧のためルートヴィヒ1世は遠征を行う。6月20日、フランクフルト近郊でルートヴィヒ1世が死去。
  • 841年6月25日:ロタールとピピン2世、ルートヴィヒとシャルルの連合軍が衝突(「フォントノワの戦い」)、ルートヴィヒ・シャルル連合軍が勝利。
  • 842年2月14日:ルートヴィヒとシャルルとの間で、それぞれがロタールと個別に取引をしないことを誓約(「ストラスブールの宣誓」)。
  • 842年6月15日,16日:ルートヴィヒ、シャルル、ロタールの間でマコンにて平和協定を締結。以後、それぞれの王の家臣が集まり、帝国の分割について協議を重ねる。

最終的に843年のヴェルダン条約及び870年のメルセン条約によって、現在のイタリアフランスドイツに相当する領地が決定された。

脚注編集

  1. ^ a b 柴田 他、p. 164
  2. ^ a b 成瀬 他、p. 84
  3. ^ 瀬原、p. 40
  4. ^ 成瀬 他、p. 88
  5. ^ 瀬原、p. 41
  6. ^ Collins, p. 117

参考文献編集

  • 成瀬治 他 『世界歴史大系 ドイツ史 1』 山川出版社、1997年、p. 84 - 89 (帝国整序令として記載)
  • 柴田三千雄 他 『世界歴史大系 フランス史 1』 山川出版社、1995年、p. 163 - 164 (帝国分割令として記載)
  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年、p. 40 - 44 (帝国継承令として記載)
  • Paul Collins, The Birth of the West, PublicAffairs, 2013, P. 116 - 117