帝立王立国有鉄道

帝立王立国有鉄道 (k.k. Staatsbahnen (kkStB))または帝立王立オーストリア国有鉄道[1]は、オーストリア=ハンガリー帝国のオーストリア側国営鉄道であった。1918年に分割されて消滅した。

歴史編集

オーストリアの鉄道の歴史も参照のこと。

帝立王立国有鉄道(k.k. Staatsbahnen)は、1884年に経済的に問題のあるオーストリアの鉄道会社を統合することにより設立された。これは1873年の経済危機の影響の1つであり、鉄道行政の再検討の意味もあった。他のヨーロッパ諸国同様、1880年代に数多くのオーストリアの鉄道会社が統合され、1906年には皇帝フェルディナント北部鉄道も統合された。

国の新建設計画に沿って、帝立王立国有鉄道は路線網を拡大した。最も有名な例は、アルプス山脈を縦貫し、港町として栄えていたトリエステに2番目の鉄道を通す新アルプス鉄道の計画である[2]。この計画は、ピュールン線タウアーン線カラヴァンケン線ボヒニ線ヴェクセル線より構成される。似たプロジェクトには1887から1889年に建設されたチェコ・モラヴァ連絡鉄道もある。

1891年には、路線網が7132 km(オーストリアハンガリー全国で28,066 km)、機関車1378両、客車3195両、貨車25,883両になっていた。この年には、乗客3190万人と1690万トンの貨物を輸送した[3]。1918年の帝国崩壊時には、約19,000 kmの路線網を有していた。

前身となる鉄道会社編集

主要な買収鉄道会社の一覧:

タイムライン編集

コシツェ・ボフミーン鉄道ストゥデーンカ・シトランベルク鉄道ノヴィー・イチーン地方鉄道ブシチェフラド鉄道ウースチー・テプリツェ鉄道フォアアールベルク鉄道ハンガリー西部鉄道タルヌフ・レルフフ国有鉄道プラハ・ドゥフツォフ鉄道オーストリア北西部鉄道オーストリア地方鉄道ニーダーエスターライヒ南西鉄道ミュールクライス鉄道モラヴァ・スレスコ中央鉄道モラヴィア国境鉄道リヴィウ・チェルニウツィ・ヤシ鉄道ルドルフ鉄道クレムス谷鉄道帝立王立国有鉄道 (オーストリア)フランツヨーゼフ鉄道帝立王立国有鉄道 (オーストリア)大公アルブレヒト鉄道帝立王立国有鉄道 (オーストリア)ハンガリー・ハルィチナ第一鉄道帝立王立国有鉄道 (オーストリア)プルゼニ・ブルジェズノ・ホムトフ鉄道ドゥフツォフ・ヂェチーン鉄道ボルツァノ・メラノ鉄道チェコ西部鉄道チェコ北部鉄道チェコ北部鉄道トゥルノフ・クラルピ・プラハ鉄道チェコ商業鉄道ラコヴニーク・プロチヴィーン鉄道イストリア国有鉄道ドニエストル鉄道ダルマチア国有鉄道皇后エリザベート鉄道ブヂェヨヴィツェ・リンツ・グムンデン馬車鉄道オーストリア北部鉄道ブルノ・ロシツェ鉄道オーストリア東部鉄道国有鉄道会社 (オーストリア)南東部国有鉄道ハンガリー中央鉄道北部国有鉄道カール・ルートヴィヒ鉄道東部国有鉄道クラクフ・上シロンスク鉄道南部国有鉄道オーストリア南部鉄道チロル国営鉄道ロンバルド・ヴェネト国有鉄道ロンバルド・ヴェネト・フェルディナント鉄道Milano-Monza

終焉編集

第一次世界大戦の終了後、帝立王立国有鉄道の路線は1918年11月12日にオーストリア、チェコスロヴァキア、ポーランド、イタリア、ルーマニア、スロベニア・クロアチア・セルビア(後のユーゴスラヴィア)の各国の管轄に分割された。

関連項目編集

出典編集

  1. ^ Bezeichnung mit österreichische z. B. im Staatshandbuch 1907 und auf der Titelseite von: K. K. Eisenbahnministerium (Hrsg.): Die neuen österr(eichischen) Alpenbahnen. Maass’ Söhne, Wien 1908.
  2. ^ RGBl 1901/63. In: Reichsgesetzblatt für die im Reichsrath vertretenen Königreiche und Länder, Year 1901, p. 201–207. (Online bei ANNO)Template:ANNO/Maintenance/rgb
  3. ^ Meyers Konversations-Lexikon, 5. Auflage, 5. Band, Bibliographisches Institut, Leipzig und Wien 1894, S. 516 f.

参考文献編集