師 茂樹(もろ しげき、1972年 - )は、日本仏教学者。学位は、博士(文化交渉学)関西大学乙種〈論文博士〉・2013年)。花園大学教授・情報システムセンター長[1](専門は因明仏教論理学)、人文情報学)を歴任。

Moro, Shigeki
師 茂樹
生誕 師 茂樹
1972年
大阪府大阪市
研究分野 因明仏教論理学
人文情報学
研究機関 花園大学
出身校 東洋大学
博士課程
指導教員
田村晃祐
影響を
受けた人物
石井公成
主な受賞歴 日本印度学仏教学会賞(2011年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

経歴編集

学歴編集

1972年、大阪府大阪市に生まれ、その後、福島県耶麻郡猪苗代町で育つ。福島県立安積高等学校を卒業後、早稲田大学第一文学部に進学、大久保良峻に師事[2]。1995年に卒業後、東洋大学大学院文学研究科に進み田村晃祐に師事[2]、2001年に同博士後期課程単位取得。2013年、『東アジア仏教論理学の形成と展開 -唯識比量をめぐる文化交渉を中心として-』で博士(文化交渉学)(乙種、関西大学)。

職歴編集

2002年に花園大学文学部専任講師となる。2008年に同准教授、2015年に教授に昇任。2019年からは京都の上七軒にある私塾「上七軒文庫」の運営にも携わる[3]

受賞歴編集

morogram・もろ式編集

学生時代よりコンピュータに親しみ、仏典の電子化に関心を抱く。石井公成駒澤大学名誉教授)によって紹介されたN-Gramを用いた漢文仏典分析を進めるため、morogram.plを開発[1]。その他、サイト「もろ式」を運営し、広く電子仏教情報を収集・公開したほか、大正新脩大蔵経の電子化やINBUDSの作成にも関わった[4][5]

著書編集

単著編集

共著編集

論文編集

科研費編集

脚注編集

  1. ^ 京都電子計算株式会社>花園大学様
  2. ^ a b 師茂樹『論理と歴史 -東アジア仏教論理学の形成と展開-』(ナカニシヤ出版、2015年)
  3. ^ 広瀬一隆. “知の閉塞に突破口 西陣・町家から 在野の思想創造を” (日本語). the.kyoto. 2021年10月31日閲覧。
  4. ^ ほら貝>電子テキストの海へ-大蔵経テキストデータベース研究会-石井公成氏&師茂樹氏に聞く-
  5. ^ 師茂樹「仏教学データベースにおけるXMLの活用-INBUDSにおけるID検索の実現にむけて-」(『漢字文献情報処理研究』1号、好文出版、2000年)

外部リンク編集