メインメニューを開く

帰れソレントへ

ナポリ民謡

帰れソレントへ」(かえれソレントへ、ナポリ語: Torna a Surriento)は、イタリアソレントに捧げられた代表的なナポリ民謡カンツォーネ)の1つである。

概要編集

この曲は1902年9月15日にソレントを訪れた、時の首相ジュゼッペ・ザナルデッリのために作曲された。市長は賓客のための曲を、ジャンバッティスタ・デ・クルティス(作詞)とエルネスト・デ・クルティス(作曲)の兄弟に要請した。後の1960年エルヴィス・プレスリーが「サレンダー」と言うタイトルで英詞で歌ってアメリカでもNo.1を獲得するヒットとなった。

なお、「帰れソレントへ」の和訳は何種類かあり、徳永政太郎芙龍明子などによって日本語に訳詞されているほか、訳者不明の和訳もある。

歌詞(ナポリ語)編集

Vide 'o mare quant’è bello,
spira tantu sentimento,
Comme tu a chi tieni mente,
Ca scetato 'o fai sunnà.
Guarda gua' chistu ciardino;
Siente, sie’ sti ciur' arance:
Nu prufumo accussi fino
Dinto 'o core se ne va…
E tu dice: "I’ parto, addio!"
T’alluntane da stu core…
Da sta terra del l’ammore…
Tieni 'o core 'e nun turnà?
Ma nun me lassà,
Nun darme stu turmiento!
Torna a Surriento,
Famme campà!
Vid'o mare de Surriento,
che tesoro tene nfunno:
chi ha girato tutto 'o munno
nun l'ha visto comme'a ccà.
Vide attuorno sti Sirene,
ca te guardano 'ncantate,
e te vonno tantu bene...
Te vulessero vasà.
E tu dice: "I' parto, addio!"
T'alluntane da stu core
Da sta terra de l'ammore
Tiene 'o core 'e nun turnà?
Ma nun me lassà,
Nun darme stu turmiento!
Torna a Surriento,
Famme campà!

楽曲編集

曲は一貫してホ調である[1]。開始と終止においてはホ短調であるが、リフレインの途中に、曇天の中の晴れ間のようにホ長調に転ずる箇所が二つある。

4分の3拍子。序奏には最後の節(ナポリ語: "Ma nun me lassà,/Nun darme stu turmiento!/Torna a Surriento,/Famme campà!" イタリア語: "Ma non mi lasciare,/Non darmi questo tormento!/Torna a Sorrento,/Fammi vivere!")(E-F♯-D♯-C♯-E、D♯-E-F♯-D♯-C♯-B-B~)の部分の旋律が用いられる。

歌詞はナポリ語であり、イタリアオペラなどで聞かれる標準イタリア語とは多少異なる。

三大テノールルチアーノ・パヴァロッティのコンサートではよく歌われた(コンサートの最後やアンコールが多かった)。

日本での使用編集

1993年に放送されたテレビドラマ『白鳥麗子でございます!』のオープニングテーマとして使われた。『王様のブランチ』でもはしのえみ(ナポリの姉妹都市である鹿児島市出身)が登場するときに挿入される。

脚注編集

  1. ^ 冒頭部分の楽譜PDFまた、外部リンクにある国際楽譜ライブラリープロジェクトの「一般情報」を参照のこと。

外部リンク編集

帰れソレントへの楽譜 - 国際楽譜ライブラリープロジェクトPDFとして無料で入手可能。