平井俊榮

日本の曹洞宗の僧侶、仏教学者

平井 俊榮(平井俊栄、ひらい しゅんえい、1930年11月30日 - )は、日本の曹洞宗僧侶仏教学者駒澤大学名誉教授。中国仏教専攻[1][2]

来歴編集

岩手県出身。駒澤大学仏教学部卒。東京大学大学院印度哲学博士課程中退。1974年「吉蔵を中心とする三論学派の研究」で東大文学博士。駒澤大学仏教学部助教授、教授、副学長、1990年学長。2001年名誉教授。岩手県山田町宝珠院住職。

1980年「阿毘達磨倶舎論索引」(平川彰らと共同研究)で日本学士院賞受賞。

著書編集

  • 『中国般若思想史研究 吉蔵と三論学派』春秋社 1976年
  • 法華文句の成立に関する研究』春秋社 1985年
  • 『法華玄論の註釈的研究』春秋社 1987年
  • 『続・法華玄論の註釈的研究』春秋社 1996年

訳注編集

  • 『大乗仏典 中国・日本篇 第2巻』中央公論社 1990年。僧肇「肇論」、吉蔵「三論玄義」の現代語訳
  • 新国訳大蔵経 毗曇部 6・7 成実論』荒井裕明・池田道浩共校註、大蔵出版 1999-2000年

監修・記念論集編集

  • 『三論教学の研究』監修 春秋社 1990年
  • 『三論教学と仏教諸思想 平井俊榮博士古稀記念論集』春秋社 2000年

論文編集

脚注編集

  1. ^ 日本人名大辞典
  2. ^ 駒沢大学名誉教授 平井俊榮先生略歴及び業績 (平井俊榮教授退任記念)『駒沢大学仏教学部論集』2001-10