メインメニューを開く

平場 安治(ひらば やすはる、1917年3月30日[1] - 2002年6月27日)は、大阪府出身の法学者弁護士。1993年日本学士院会員京都大学名誉教授従三位勲二等瑞宝章

目次

学説編集

新派刑法理論に立つ宮本英脩の弟子。戦後まもなくハンス・ヴェルツェル目的的行為論・人的不法論を日本に紹介し、平野龍一福田平と共に「三平」と呼ばれた(平野は後に目的的行為論批判に転じた。)。弟子に中森喜彦鈴木茂嗣らがいる。

来歴編集

著書編集

  • 『刑法における行為概念の研究』(有信堂、1966年)

脚注編集

関連項目編集