平岸

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

平岸(ひらぎし)は日本の北海道に多い地名である。「崖の尻」を意味するアイヌ語地名のピラ・ケシ (Pira-kes)からきているという。崖の尻とは、川沿いの崖において下流側の端をいう[1]

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 山田秀三「北海道のアイヌ語地名十二話」、『アイヌ語地名の研究』第1巻26-27頁。草風館、1982年。初出は『アイヌ民俗誌』、1969年。