メインメニューを開く

幸 祥光(こう よしみつ、1892年明治25年)11月16日 - 1977年昭和52年)4月6日)は、囃子小鼓方幸流能楽師日本藝術院会員。

東京府東京市下谷区(現・東京都台東区)出身。旧姓は神谷。前名は五郎、悟朗。1902年(明治35年)幸流三須錦吾の長男平司の養子となり、養祖父と養父に師事。1909年(明治42年)宗家16代をつぐ。1930年(昭和5年)幸家に入籍、1947年(昭和22年)祥光に改名。1955年(昭和30年)人間国宝の認定を受ける。1965年(昭和40年)芸術院会員。1966年(昭和41年)勲三等瑞宝章、1977年(昭和52年)勲三等旭日中綬章受章[1]

長男は17世幸正影

著作編集

  • 幸流小鼓入門 能楽書林 1950
  • 小鼓とともに わんや書店 1968
  • 幸流小鼓正譜 人の巻 能楽書林 1977.10

脚注編集