10代目広岡 久右衛門(ひろおか きゅうえもん、1890年明治23年)1月1日 - 1978年昭和53年)11月26日)は、大正・昭和期の実業家。大阪の豪商・加島屋久右衛門家の10代目当主。旧姓名は三沢 正直(みさわ まさなお)。大同生命第3代社長。

来歴・人物編集

1890年明治23年)、旧鳥取藩士・三沢立身(みさわ たつみ)の六男として生まれる。

1914年大正3年)、同志社大学経済学部を卒業。三井銀行に入社する。

大阪の豪商・加島屋久右衛門家の9代目当主・広岡久右衛門正秋の娘・幾子と結婚し、広岡家の婿養子となる。

1917年 (大正6年)、大同生命監査役として入社。間もなく渡米してハーバード大学大学院銀行科で学び、ボストン第一独立銀行、メトロポリタン生命で実務を経験する。1926年 (大正15年)、大同生命副社長に就任。1942年昭和17年)、大同生命の創業40周年を見届けて退任した第2代社長・広岡恵三に代わり、第3代社長に就任。

茨木カンツリー倶楽部宝塚ゴルフ倶楽部の創立メンバーの1人でもあり、日本ゴルフ協会の理事を務めるなど、日本ゴルフ界に多大な貢献があったとして、2001年平成13年)、「日本ゴルフ100年顕彰」[1]の一人に選ばれる。

関連する人物編集

登場する作品編集

外部リンク編集