メインメニューを開く

広島女子短期大学(ひろしまじょしたんきだいがく、英語: Hiroshima Women's Junior College[2])は、広島県広島市宇品町710-1[1]に本部を置いていた日本公立大学である。1950年に設置され、1966年に廃止された。大学の略称は広女短。学生募集は1964年度まで、1966年廃止。その後は広島女子大学、2005年度より県立広島大学広島キャンパスとなっている。

広島女子短期大学
大学設置 1950年
創立 1920年
廃止 1966年
学校種別 公立
設置者 広島県
本部所在地 広島県広島市宇品町710-1[1]
学部 国文科
社会科
数物科
家政科
  児童専攻  
  被服専攻  
  食物専攻
テンプレートを表示

概要編集

大学全体編集

教育および研究編集

  • 広島女子短期大学は人文系・家政系の専門教育が行われていた。

沿革編集

  • 1920年 広島県立広島高等女学校に専攻科設置
  • 1928年 広島女子専門学校設置される。
  • 1950年 広島女子短期大学開学。
    • 国文科
    • 社会科
    • 数物科
    • 家政科
      • 児童専攻
      • 食物専攻
      • 被服専攻
  • 1953年 数物科を理数科に改称。
  • 1964年 学生募集が最後となる(学生数:国文科95、社会科92、理数科84、家政科275[3])。以後、広島女子大学へ移行。
  • 1966年 16年間の経営に閉幕する(学生数:国文科47、社会科45、理数科40、家政科133[4])。

基礎データ編集

所在地編集

  • 広島市宇品町710-1[1]

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 国文科
  • 社会科
  • 理数科
  • 家政科
    • 児童専攻
    • 食物専攻
    • 被服専攻

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

資格
教職課程

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

施設編集

キャンパス編集

  • 現在は、県立広島大学広島キャンパスとなっている。

対外関係編集

関連項目編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b 現在は、広島市南区宇品東一丁目1番71号となっている。
  2. ^ http://ci.nii.ac.jp/naid/110001245629より
  3. ^ 昭和40年度版『全国学校総覧』23頁より
  4. ^ 昭和40年度版『全国学校総覧』26頁より
  5. ^ a b 全国短期大学受験案内 昭和40年度版』76頁
  6. ^ 1955年度教員養成課程認定大学短期大学一覧』50より

関連サイト編集