メインメニューを開く

広島広域公園第二球技場

広島広域公園 > 広島広域公園第二球技場

広島広域公園第二球技場(ひろしまこういきこうえん だいにきゅうぎじょう)は、広島県広島市安佐南区にある球技場で、フィールドは人工芝

広島広域公園第二球技場
広島広域公園第二球技場01.JPG
施設情報
所在地 広島市安佐南区大塚西5丁目
位置 北緯34度26分 東経132度23分
開場 1993年
所有者 広島市
運用者 広島市スポーツ協会
グラウンド 人工芝
ピッチサイズ 140m X 69m
照明 1,000ルクス
使用チーム、大会
ウエスタンボウル
収容能力
3,000人
アクセス
アストラムライン広域公園前駅下車徒歩10分
広電バス・修道大学バス停下車徒歩15分

広島市が所有し、広島市スポーツ協会が指定管理者として運営管理を行っている。 Jリーグサンフレッチェ広島F.Cのホームスタジアムである広島ビッグアーチ第一球技場も立地する広島広域公園内に位置する。

概要編集

1993年平成5年)4月に、広島ビッグアーチ第一球技場と共にオープンした。

主にフットサルフィールドホッケーの会場として使用され、またアメリカンフットボールボウル・ゲームウエスタンボウルにも使用されている。 サンフレッチェ・沼田サッカースクールの練習場でもある。

施設概要編集

  • 収容人数 3,000人(固定座席)
  • ナイター照明設備あり(1,000ルクス)
  • 得点板

関連施設編集

外部リンク編集