広幡前秀
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦12年12月2日1763年1月15日
死没 文化5年6月19日1808年7月12日
改名 前基前秀
官位 正二位権大納言
主君 後桃園天皇光格天皇
氏族 広幡家
父母 父:広幡前豊、母:賢子女王
兄弟 前秀綾小路俊資
稲葉正諶の娘
経豊綾小路俊資
テンプレートを表示

広幡 前秀(ひろはた さきひで)は、江戸時代中期の公卿。官位は正二位権大納言。初名は前基(さきもと)、のち前秀。「前」の字は父・前豊または、前豊にその字を与えた近衛内前から偏諱を賜ったものである。

経歴編集

1774年(安永3年)に叙爵。以降累進して、右近衛権少将右近衛権中将を歴任し、1778年(安永7年)には従三位となり、公卿に列した。その後も踏歌節会外弁・東照宮奉幣使・権中納言などを歴任。1789年(寛政元年)に権大納言となり、1808年(文化5年)の薨去までの長きにわたり務めた。

系譜編集

関連項目編集

先代:
広幡前豊
広幡家
第8代
次代:
広幡経豊