メインメニューを開く

後桃園天皇(ごももぞのてんのう、1758年8月5日宝暦8年7月2日〉 - 1779年12月6日安永8年10月29日〉)は、日本の第118代天皇(在位: 1770年5月23日明和7年4月28日〉 - 1779年12月16日〈安永8年11月9日〉)。英仁(ひでひと)。幼名は若宮

後桃園天皇
後桃園天皇像(陽明文庫蔵)

元号 明和
安永
時代 江戸時代
征夷大将軍 徳川家治
先代 後桜町天皇
次代 光格天皇

誕生 1758年8月5日
平安京京都
崩御 1779年12月16日
陵所 月輪陵
追号 後桃園院
(後桃園天皇)
英仁
称号 若宮
父親 桃園天皇
母親 藤原富子
女御 近衛維子
子女 欣子内親王光格天皇中宮)
皇居 平安宮
テンプレートを表示

なお、急逝による後継の準備のため、実際よりも後の日付で崩御が発表されており、在位日が崩御後も続いている(宮内庁所蔵「後桃園院御凶事前後記」)。

系譜編集

桃園天皇の第一皇子。母は関白太政大臣一条兼香の娘で桃園女御の恭礼門院・藤原富子。同母弟に伏見宮貞行親王がいる。

系図編集


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
114 中御門天皇
 
 
 
 
 
閑院宮直仁親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
115 桜町天皇
 
 
 
 
 
典仁親王 (慶光天皇)
 
倫子女王
 
鷹司輔平
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
117 後桜町天皇
 
116 桃園天皇
 
美仁親王
 
119 光格天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
118 後桃園天皇
 
 
 
 
 
120 仁孝天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
桂宮淑子内親王
 
121 孝明天皇
 
和宮親子内親王
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
122 明治天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


略歴編集

明和5年2月19日(1768年4月6日)に立太子皇太子が天皇の子(皇子)でないのは熙成親王(長慶天皇の弟、のちの後亀山天皇)以来400年ぶりで2019年現在最後の例[1]。天皇の甥が皇太子(皇太甥)になったのは益仁親王(光明天皇の甥、のちの崇光天皇)以来430年ぶり[2]。明和7年(1770年)伯母後桜町天皇譲位を受けて即位

在位中の安永2年(1773年)には、朝廷の経理などを行う口向に属する地下官人による大規模な不正が発覚し、江戸幕府による処分が行われた(安永の御所騒動)。

病気がちであり、安永8年(1779年)に在位のまま22歳で崩御

崩御後編集

子が欣子内親王のみであったので、急遽閑院宮家より養子を迎え(閑院宮師仁親王、即位後は兼仁に改名)、光格天皇として即位させた。欣子内親王はのちに光格天皇の中宮となり、6年後の寛政12年1月22日(1800年2月15日)、第三皇子温仁親王を出産するも、夭折。その後、文化13年1月28日(1816年2月25日)に再び第七皇子悦仁親王を出産するが、こちらも文政4年2月11日(1821年3月14日)に6歳で夭折し、これにより中御門天皇からの皇統は完全に途絶えてしまうこととなった。

略年表編集

在位中の元号編集

陵・霊廟編集

 
月輪陵(京都府京都市

(みささぎ)は、宮内庁により京都府京都市東山区今熊野泉山町の泉涌寺内にある月輪陵(つきのわのみささぎ)に治定されている。宮内庁上の形式は石造九重塔。

また皇居では、皇霊殿宮中三殿の1つ)において他の歴代天皇・皇族とともに天皇の霊が祀られている。

脚注編集

  1. ^ この間に泰成親王(後亀山天皇の弟)が皇太子になっていた説もある。
  2. ^ 『日本史小百科 天皇』児玉幸多編 東京堂出版 1981

参考文献編集

関連項目編集