メインメニューを開く

広沢 義実(ひろさわ よしざね)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将。通称を広沢判官代といい、矢田義実、足利義実とも記される。仁木氏細川氏戸賀崎氏(戸崎氏)の祖。

 
広沢義実
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 不詳
死没 不詳
別名 矢田義実、足利義実
官位 判官代
氏族 河内源氏義国流(足利氏
父母 父:源義清
兄弟 矢田義範[1]義実矢田義房
矢田義縁山名義範[2]室、里見義成
仁木実国細川義季
戸賀崎(戸崎)義宗

略歴編集

河内源氏義国流。足利氏の一族源義清の次男。

広沢の姓から、上野国新田郡に接する山田郡広沢郷を所領としたものかと思われる。義実の祖父義康の兄は新田義重であるが、父義清の妻(義実の母?)も義重の娘で、また義重の子山名義範や孫里見義成の妻は義実の姉妹であり、新田氏とのつながりが深い。

脚注編集

  1. ^ 山名義範?
  2. ^ 足利義範、『尊卑分脈』足利氏の項では、義清の長男と記述されている。