メインメニューを開く

座頭市逆手斬り』(ざとういちさかてぎり)は、1965年日本映画勝新太郎の代表作、座頭市シリーズの第十一作。

逆手斬り
監督 森一生
脚本 浅井昭三郎
原作 子母沢寛
出演者 勝新太郎
藤山寛美
滝瑛子
音楽 大森盛太郎
撮影 今井ひろし
編集 谷口登司夫
配給 大映
公開 日本の旗 1965年9月18日
上映時間 78分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 座頭市二段斬り
次作 座頭市地獄旅
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

賭博に関与した罪で入牢中の市は、殺人の疑いを掛けられて入牢中の代貸から、彼の無実を証明できる人物に自分の状況を知らせるよう頼まれる。

スタッフ編集

出演者編集

関連項目編集

外部リンク編集