メインメニューを開く
本来の表記は「張垍」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

張 垍(ちょう き、? - 至徳2載(757年))は、中国玄宗朝に仕えた政治家。宰相とされる張説の次子であり、玄宗の娘婿であったが、安史の乱の際、安禄山に仕えたため、処刑された。兄に張均、弟に張埱がいる。

略歴編集

洛陽の人で、兄の張均と同様、文章詩句に長けていた。挙止がとても優雅であったため、玄宗に気に入られていた。その娘の尚寧公主と婚姻をしており、玄宗は彼を厚遇して、禁中に家を構えさせ、侍らせて文章を作成させた。与えられた恩賜のものは数え切れないほどであり、張均に恩賜のものを見せた時に、「舅が婿にやったものであり、皇帝が学士に与えたものではないぞ」と言われたこともあった。

玄宗は、張垍の家を訪問し、「陳希烈の後の宰相は誰がよいだろうか」とたずねた。張垍が答えられないでいると、「わが婿に変わるものはいないだろう」と告げられる。しかし、このことを楊貴妃が聞いて、楊国忠に話したため、楊国忠は陳希烈の解任後に、韋見素を推薦し、宰相にさせた。このため、張垍は玄宗を怨むことになったと伝えられる。

天宝13載(754年)、安禄山が契丹を破った功をもって、宰相となるのを求めたが、楊国忠が反対したため、取りやめになった。安禄山を見送りにいった高力士が「安禄山は鬱々とした様子でした。うまくいかなかったことを知っているようでした」と報告し、楊国忠が「張垍が教えたのでしょう」と告げたため、張垍は盧渓郡司馬に左遷させられ、弟の張埱も給事中から宜春郡司馬に降格させられた。その年に長安に帰され、太常卿に任命された。

天宝14載(755年)、安史の乱が勃発し、至徳元載(756年)、長安陥落時に安禄山に降伏し、仕えた。

至徳2載(757年)、唐軍の洛陽奪回時に、陳希烈・張均・達奚珣とともに、唐軍に降伏した。信任を裏切られた玄宗が張均・張垍兄弟の処刑を主張したため、粛宗のとりなしにも関わらず、張垍は処刑された。

伝記資料編集

  • 旧唐書』巻九十七 列伝第四十七「張説伝」
  • 新唐書』巻百二十五 列伝第五十「張説伝」