張 徳勝(ちょう とくしょう、1328年 - 1360年)は、末の軍人。字は仁輔(じんほ)。合肥(現在の安徽省合肥市)の人。朱元璋に仕えて、彼の勢力拡大に貢献した。

張徳勝

生涯編集

姓名 張徳勝
時代 元代
生没年 1328年泰定5年) - 1360年至正20年)
字・別名 仁輔(字)
本貫・出身地 合肥(安徽省合肥市
職官 太平興国翼総管→秦淮翼元帥→枢密院判

→僉枢密院事→僉江南行枢密院事

爵位 蔡国公(
諡号 忠毅(明)
陣営・所属 兪廷玉朱元璋
家族・一族 子 : 張宣汪興祖(養子)、袁義(族弟)

才略豊かで、気性は雄々しく優れていた。

1355年5月、兪通海らと共に朱元璋に臣従する。6月、渡江し、采石太平を攻略した。陳埜先が攻めてきたが、湯和らと共に破り、陳埜先を捕らえた。

1356年3月、集慶鎮江を攻略し、秦淮翼元帥を授かった。

1357年3月、常州を攻略し、枢密院判に抜擢された。4月、寧国を攻略し、長槍兵を収めた。5月、太湖、馬跡山を攻略する。6月、宜興を攻略し、馬馱沙、石牌寨を攻略した。僉枢密院事に進んだ。

1358年4月、趙普勝池州を攻略した。張徳勝は援護に向かったが、果せずに帰還した。10月、徐達に従って、宜興を攻略する。

1359年3月、趙普勝が青陽石埭を攻めた。4月、張徳勝は柵江口で戦い、敵軍を敗走させた。同じく兪通海も敵軍を破り、池州を回復した。9月、徐達と共に、浮山から退却する趙普勝の将・胡総管を追撃し、青山で戦った。北へ逃れる敵軍を追い、潜山へ至った。陳友諒の将・郭泰が沙河で張徳勝を攻めたが、これを斬って勝利する。そして、潜山を攻略した。

1360年5月、陳友諒が龍江へ侵攻した。張徳勝は水軍を率いて龍江関から出撃し、敵兵を多く討ち取った。張徳勝は大きく叫び、士気を鼓舞したため、諸将は奮起して戦った。陳友諒軍は大敗し、朱元璋の命により、張徳勝は諸将と共に追撃し、慈湖で敵船を焼き払った。采石に至り、戦没した。享年33。

蔡国公を贈られ、忠毅とされた。肖像を功臣廟に奉られ、太祖廟に祀られた。

参考文献編集

  • 明史』巻1 本紀第1 太祖1
  • 『明史』巻133 列伝第21 張徳勝
  • 『国初群雄事略』巻6 張士誠
  • 『国初群雄事略』巻7 張士誠
  • 続資治通鑑』巻第213
  • 『続資治通鑑』巻第215