メインメニューを開く

強襲機甲部隊 攻撃ヘリコプター戦記

強襲機甲部隊 攻撃ヘリコプター戦記』(きょうしゅうきこうぶたい こうげき - せんき)は、2004年9月30日タイトーから発売されたPlayStation 2専用ソフト。2005年8月4日にはTaito Best版も出ている。アスクが開発。このゲームはアスクが、アメリカで『Threat Con Delta』と言うタイトルで、Metro 3Dにより、初公開され、Metro 3Dから2003年11月にアメリカで発売する予定であったが、発売はキャンセルとなった。2004年にタイトーにより、日本で発売された事により、日本でのみの発売となった。

ストーリー編集

世界で暗躍するテロリスト。その活動を阻止するため、ヘリコプター部隊のパイロットの一人としてテロリストに立ち向かう。

登場機体編集

ステージ編集

ステージは以下の6つの部隊のいずれかに所属し、各地で暗躍するテロリストと戦うことになる。

レオンベルガー部隊編集

アメリカ大陸を担当。テロ集団の壊滅を目的とする。

シルバー空挺部隊編集

アフリカ大陸を担当。

クーンハウンド部隊編集

ヨーロッパを担当。テロ組織「赤い嵐」の壊滅を目的とする。

ワイマラナー部隊編集

中東を担当。

ソード部隊編集

シベリアを担当。

シュナウザー部隊編集

東南アジアを担当。テロ組織「Kauri Family」の壊滅を目的とする。