メインメニューを開く
画像提供依頼:リンゴの画像提供をお願いします。2009年5月

彦根りんご(ひこねりんご)は滋賀県彦根市周辺で栽培されていたリンゴ。幻のりんごと言われている。

歴史編集

1816年(文化13年)に彦根藩江戸詰めの役にあった石居泰次郎が5両を借入れ、林檎苗木200本・桐苗木150本を種苗として農園を営んだのが始まりである。1930年(昭和5年)に廃園となったが、個人の庭では栽培されていた。西洋リンゴの普及や虫害等により1955年(昭和30年)ごろ市内中藪町の八木原太郎作の屋敷で栽培されていたものを最後に、彦根りんごの木は枯れて絶種となってしまった。

復活に向けての取り組み編集

彦根りんごを平成の世に復活させようと有志が集まり2004年(平成16年)1月に「彦根りんごを復活する会」が設立された。リンゴの産地である東北地方長野県石川県などから和りんごの穂木を譲り受け、マルバカイドウ台木接ぎ木して往時の品種に近いりんごを栽培しようと試みており、2007年(平成19年)4月には花が開花、同年8月には第1回収穫祭が行われ、お盆にお供えされた。伊勢神宮多賀大社にも奉納された。

彦根りんごに関する資料編集

  • 「彦根の植物・ 彦根りんご 」村松七郎著
  • 「彦根りんごの図」岡島正夫(画号名 徹州)画
  • 「彦根りんご物語」彦根りんごを復活する会著

関連項目編集

外部リンク編集