メインメニューを開く

待乳山(まつちやま)とは、日本相撲協会年寄名跡のひとつで、初代・待乳山が四股名として名乗っていたもので、その名跡の由来は定かではないが、東京都台東区に同一名称の待乳山聖天が存在する。

待乳山の代々編集

  • 代目の太字は、部屋持ち親方。
代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 待乳山楯之亟 --- ---
2代 若ノ森太吉 --- ---
3代 待乳山楯之亟 前6 粂川-雷部屋 ?-1857年10月(死去)
4代 待乳山楯之亟 前8 入間川-待乳山部屋 1857年10月?-1862年4月(死去) 二枚鑑札・現役没
5代 常葉山源吉 --- ---
6代 勝平穐作 --- 待乳山部屋
7代 大砲万右エ門 横綱 尾車部屋 1908年1月-1918年5月(死去)
8代 國ヶ岩夘八 前18格 小野川(大阪)-草風(京都)-入間川部屋 1919年1月-1927年5月 7代稲川に名跡変更
9代 光風貞太郎 小結 待乳山-出羽海部屋 1927年3月-1941年5月(廃業)
10代 両國梶之助 関脇 出羽海部屋 1942年5月-1959年11月(死去)
11代 増巳山豪 前13 三保ヶ関-出羽海-三保ヶ関部屋 1960年3月-1987年1月(停年(定年。以下同)退職)
12代 播竜山孝晴 小結 三保ヶ関部屋 1987年1月-2016年5月(停年退職)
2016年5月-

再雇用