メインメニューを開く
増巳山豪

増巳山 豪(ますみやま たけし、1922年1月17日 - 1995年5月11日)は、1950年代に活躍した大相撲力士である。身長182cm、体重99kg。引退後は、年寄・阿武松や同・待乳山として後進の指導に努めた。

目次

来歴・人物編集

和歌山県西牟婁郡(現・東牟婁郡串本町出身。本名は石谷 昌治(いしや まさはる)。

小学校卒業後は神戸市内の企業に勤めていたが、16歳の時に上京し、三保ヶ関部屋へ入門。1939年1月場所で初土俵を踏んだ。当初の四股名は、故郷の近くの名勝である熊野灘から1字を取った「熊ノ浦」(後、「秀ノ海」を経て「増巳山」へ改名している)。

1944年5月、幕下にいた時に召集され、兵役に就く。その間、1946年5月に師匠の8代三保ヶ関(元十両4・滝ノ海)が亡くなり、それに伴って弟子達は出羽海部屋に預けられた。そのため、帰還した時には、出羽海部屋の所属となっていた。

1949年1月、新十両に昇進。1950年1月場所では13勝2敗と大勝ちして十両優勝を飾り、翌5月場所で新入幕を果たした。この場所から、兄弟子であった元大関・増位山の三保ヶ関親方(9代目)が出羽海部屋から独立して三保ヶ関部屋を再興したため、4年ぶりに同部屋へ戻る事となった。

突っ張りと叩きを主な武器としたが、幕内上位には上がれず、最高位は1950年9月場所に於いての西前頭13枚目に留まった。幕内を8場所連続保ったあと、1953年1月場所では十両に陥落し、その後は1場所だけ再入幕した。

以降、1958年9月場所まで十両に在り、十両在位は通算29場所に及んだ。

同年11月場所では幕下に落ちて初日より休場し、場所後、36歳で引退

引退後は年寄・阿武松から同・待乳山を襲名し、三保ヶ関部屋付きの親方として停年まで日本相撲協会に在籍した。

1995年5月11日、腎臓癌のため東京都墨田区内の病院で逝去。73歳没。

主な戦績編集

  • 現役在位:54場所
  • 通算成績:321勝343敗1分12休 勝率.483  
  • 幕内在位:9場所
  • 幕内成績:54勝81敗 勝率.400 

場所別成績編集

増巳山 豪
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
1939年
(昭和14年)
(前相撲) x (前相撲) x x x
1940年
(昭和15年)
西序ノ口29枚目
4–4 
x 西序二段73枚目
3–5 
x x x
1941年
(昭和16年)
西序二段72枚目
3–5 
x 西序二段74枚目
5–3 
x x x
1942年
(昭和17年)
東序二段13枚目
4–4 
x 西三段目55枚目
7–1 
x x x
1943年
(昭和18年)
東三段目18枚目
5–3 
x 西幕下51枚目
4–4 
x x x
1944年
(昭和19年)
東幕下43枚目
4–4 
x 東幕下36枚目

兵役
 
x x x
1945年
(昭和20年)
x x x x x x
1946年
(昭和21年)
x x x x x 幕下
4–3 
1947年
(昭和22年)
x x 東幕下18枚目
2–3 
x x 西幕下22枚目
4–2 
1948年
(昭和23年)
x x 東幕下10枚目
5–1 
x 東幕下筆頭
5–1 
x
1949年
(昭和24年)
東十両8枚目
7–6 
x 東十両7枚目
4–11 
x 西十両12枚目
8–7 
x
1950年
(昭和25年)
西十両7枚目
優勝
13–2
x 東前頭18枚目
8–7 
x 西前頭13枚目
4–11 
x
1951年
(昭和26年)
東前頭18枚目
9–6 
x 西前頭14枚目
6–9 
x 西前頭17枚目
5–10 
x
1952年
(昭和27年)
東前頭20枚目
8–7 
x 西前頭16枚目
4–11 
x 西前頭20枚目
5–10 
x
1953年
(昭和28年)
西十両5枚目
5–10 
西十両11枚目
10–5 
東十両8枚目
9–6 
x 西十両5枚目
6–9 
x
1954年
(昭和29年)
東十両10枚目
8–7 
東十両5枚目
9–6 
東十両筆頭
8–7 
x 西前頭20枚目
5–10 
x
1955年
(昭和30年)
東十両5枚目
5–10 
西十両10枚目
6–9 
西十両14枚目
7–8 
x 東十両15枚目
12–3 
x
1956年
(昭和31年)
西十両5枚目
4–11 
西十両12枚目
10–5 
西十両8枚目
8–7 
x 西十両7枚目
9–6 
x
1957年
(昭和32年)
東十両5枚目
5–10 
東十両10枚目
3–7–4
1痛分
 
東十両18枚目
7–8 
x 西十両19枚目
10–5 
東十両9枚目
10–5 
1958年
(昭和33年)
東十両7枚目
7–8 
東十両8枚目
4–11 
西十両16枚目
5–10 
東十両24枚目
9–6 
東十両19枚目
1–14 
東幕下9枚目
引退
0–0–8
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

各段優勝編集

  • 十両優勝:1回(1950年1月場所=13勝2敗)

改名歴編集

  • 熊ノ浦(くまのうら、1940年1月場所)
  • 秀ノ海(ひでのうみ、1940年5月場所-1947年11月場所)
  • 増巳山(ますみやま、1948年5月場所-1958年11月場所)

年寄変遷編集

  • 阿武松(おうのまつ、1958年11月-1960年3月)
  • 待乳山(まつちやま、1960年3月-1987年1月)

関連項目編集

参考文献編集

  • 『全幕内力士 個人別大相撲星取大鑑』(著者:小池謙二、発行元:医聖社)
  • 『戦後新入幕力士物語 第1巻』(著者:佐竹義惇、発行元:ベースボール・マガジン社