後藤宗俊

後藤宗俊(ごとう むねとし、1938年- )は、日本の考古学者、別府大学名誉教授。

目次

来歴編集

大分県出身。1961年九州大学文学部史学科考古学専攻卒。1992年「東九州歴史考古学的論考-古代豊国の原像とその展開」で九大文学博士。別府大学文学部教授。2009年定年、名誉教授。1987年坪井清足賞受賞。

著書編集

  • 『東九州歴史考古学論考 古代豊国の原像とその展開』山口書店 1991
  • 塼仏の来た道 白鳳期仏教受容の様相』思文閣出版 2008
  • 『地域の歴史と文化遺産』文化財学論集刊行会 2011

共編著編集

  • 『ヒトと環境と文化遺産 21世紀に何を伝えるか』網野善彦,飯沼賢司共編 山川出版社 2000
  • 『大分県の歴史』豊田寛三,飯沼賢司,末廣利人共著 山川出版社 2003 県史

参考編集