メインメニューを開く

守貞親王

高倉天皇の皇子、後堀河天皇の父
後高倉院から転送)

守貞親王(もりさだ しんのう)は、鎌倉時代前期の皇族高倉天皇の第二皇子であり、母は坊門信隆の女・殖子(七条院)安徳天皇は異母兄、後鳥羽天皇は同母弟に当たる。初め持明院宮(じみょういんの みや)を号し、出家した後は行助入道親王(ぎょうじょ にゅうどう しんのう)を名乗ったが、子の後堀河天皇即位すると、治天の君として異例の太上天皇号を奉られ法皇として院政を敷いた。薨去の後に後高倉院(ごたかくら いん)の院号が贈られた。

後高倉院
(守貞親王)
Prince Morisada.jpg
後高倉院(『天子摂関御影』より)
続柄 高倉天皇第二皇子
称号 持明院宮、持明院法皇、広瀬院
追号 後高倉院
全名 守貞、行助入道親王
身位 三品親王入道親王
太上天皇法皇
出生 治承3年2月28日1179年4月6日
大舎人頭藤原兼盛
死去 貞応2年5月14日1223年6月14日
持明院殿
埋葬 年月日不詳
北白川
配偶者 持明院陳子(北白河院)
子女 尊性法親王
利子内親王(式乾門院)
道深法親王
邦子内親王(安嘉門院)
茂仁王(後堀河天皇)
父親 高倉天皇
母親 坊門殖子(七条院)
テンプレートを表示

来歴編集

乳母平知盛正室治部卿局平家の許で育てられた縁から、寿永2年(1183年)7月の平家の都落ちにの際には安徳天皇の皇太子に擬され、天皇と共に西国へ伴われる。平家滅亡時に救出されて帰京するが、都では既に後鳥羽天皇が即位していた[1]

文治5年(1189年)親王宣下を受け、建久2年(1191年)に元服加冠。後に持明院基家の女・陳子を妃とし、持明院家ゆかりの持明院御所として持明院宮を号した。

建久9年(1198年)正月、土御門通親らにより、通親の外孫で後鳥羽天皇皇子の土御門天皇が他の派閥を押し切る形で擁立され即位した。この際、『玉葉』建久9年正月6日、7日条には新帝の候補として後鳥羽天皇の兄である二宮(守貞親王)と三宮(惟明親王)の名が挙がったこと、鎌倉幕府が幼主の即位に難色を示したことが記されている。また『延慶本平家物語』には文覚が守貞親王擁立を企て、鎌倉幕府征夷大将軍源頼朝に働きかけたが実現しなかったという記述がある。守貞らを支持する反後鳥羽は、三左衛門事件などを経て勢力を失い、朝廷は幕府の後ろ盾をも得た後鳥羽上皇を頂点とした通親らの派閥が勢を占めた。さらに承元4年11月25日(1210年12月12日)には、土御門天皇は父後鳥羽院の策により、異母弟の順徳天皇に譲位した。

守貞親王は建暦2年(1212年)3月に出家。法名・行助を名乗った。上記のように皇位が後鳥羽系に移り、自身の高位の可能性が薄れたことにより、不遇な運命を嘆いて出家したとも伝わる。

ところが、出家から8年後の承久3年(1221年)に起きた後鳥羽院と幕府の軍事衝突、いわゆる「承久の乱」によって、行助の運は一変する。皇位は同年4月20日に順徳天皇の子の仲恭天皇に移っていた。

乱の鎮圧後、鎌倉幕府は首謀者と目された後鳥羽系の皇族らを処分した。順徳天皇の子である仲恭天皇廃位するとともに、後鳥羽土御門順徳3上皇を配流とし、後鳥羽上皇の後裔のことごとくを配流出家臣籍降下させて、その系統による皇位の継承を認めない方針をとった。これによって世俗に在る男子皇族が行助の三男・茂仁王のみとなってしまった。幕府は直ちに茂仁王を即位後堀河天皇)させるとともに、不在となった治天の君として、その父である行助(守貞親王)に太上天皇号を奉り、これを法皇として院政を敷かせることにした。皇位に即かず、しかも既に出家している入道親王を擁して太上天皇号を奉って治天に副える、というのはこれまで先例のない措置だったが、後鳥羽系の皇族が一掃された以上、他に選択肢は無かった。

治天となった行助入道親王は、乱後の朝廷内の混乱を収拾させ、公武関係の融和に実績を残したものの、わずか2年で腫物を患って薨去。北白河に奉葬され、「後高倉院」の院号を贈られた[2]

略譜編集

日付はいずれも旧暦。

  • 治承3年(1179年)2月28日 - 生誕
  • 文治5年(1189年)11月19日 - 親王宣下、無品
  • 建久2年(1191年)12月26日 - 元服・加冠、三品
  • 建暦2年(1212年)3月26日 - 出家、入道親王
  • 承久3年(1221年)8月16日 - 太上天皇(法皇)
  • 貞応2年(1223年)5月14日 - 薨去

系譜編集

補注編集

  1. ^ 増鏡』巻1「おどろの下」には、後白河法皇が守貞親王と尊成親王(後鳥羽天皇)とを呼び、すぐに自分に懐いた尊成を新帝に擁立したとの記述があるが、実際に尊成と共に呼ばれたのは在京していた守貞の異母弟・惟明親王とされており、これについては『増鏡』作者による演出か、あるいは単なる勘違いの可能性も否定できない。
  2. ^ 『百錬抄』貞応2年5月14日条に「十四日、太上法皇崩御。後高倉院と号し奉る。北白河に葬ると云々」とある。ただし、北白河のどこに葬られたかは現在に至るまで詳らかでなく、陵は現在も未治定のままである(上野竹次郎『山陵』)。

関連項目編集