メインメニューを開く

御崎 加代子(みさき かよこ、1962年9月 - )は、日本経済学者滋賀大学経済学部教授、経済経営研究所所長、国際ワルラス学会会長。

御崎加代子
生誕 1962年9月
研究分野 経済学史経済思想
他の指導教員 高須賀義博
影響を
受けた人物
伊東光晴八木紀一郎
実績 ワルラスの応用経済学とフランス経済学史およびローザンヌ学派の研究
テンプレートを表示

目次

来歴・人物編集

1962年生まれ。1987年滋賀大学経済学部を卒業。同年一橋大学大学院経済学研究科に進学し、1989年修士課程修了、1992年博士課程単位取得満期退学。指導教官は高須賀義博[1]。一橋大学助手、山形大学人文学部講師、助教授を経て、1996年に滋賀大学経済学部助教授。この年より日本評論社発行「経済セミナー」にレオン・ワルラスの経済思想に関する論文を連載し、1998年に『ワルラスの経済思想』として出版。これにより翌1999年京都大学から博士(経済学)を授与される。2003年教授昇格。同年、リヨン第2大学ワルラス研究所のメンバーとなる。2006年からは国際ワルラス学会(AIW)の副会長を務め、2008年に日本人として初めて会長に就任。同年、経済経営研究所所長に就任。専門は経済学史経済思想[2]

年譜編集

  • 1987年 - 滋賀大学経済学部卒業
  • 1989年 - 一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了
  • 1992年 - 一橋大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学
  • 1992年 - 一橋大学経済学部助手
  • 1993年 - 山形大学人文学部講師
  • 1995年 - 山形大学人文学部助教授
  • 1996年 - 滋賀大学経済学部助教授
  • 2003年 - 滋賀大学経済学部教授
  • 2003年 - リヨン第2大学ワルラス研究所メンバー
  • 2006年 - 国際ワルラス学会副会長
  • 2008年 - 国際ワルラス学会会長
  • 2008年 - 経済経営研究所所長

著書編集

単著編集

  • 『ワルラスの経済思想-一般均衡理論の社会ヴィジョン』(名古屋大学出版会, 1998)
  • 『フランス経済学史-ケネーからワルラスへ』(昭和堂, 2006)

共著編集

  • 『経済思想史-社会認識の諸類型』(名古屋大学出版会, 1995)
  • 『複雑系を考える-自己組織性とはなにか』(ミネルヴァ書房, 2001)
  • 『自由と秩序の経済思想史』(名古屋大学出版会, 2002)
  • Etudes Walrassiennes(L’Harmattan, 2004)
  • 『経済学の古典的世界』(日本経済評論社, 2005)

論文編集

主な所属学会編集

  • 経済学史学会 - 幹事
  • ヨーロッパ経済思想史学会
  • 国際ワルラス学会 - 会長

脚注編集

関連人物編集

関連項目編集

外部リンク編集