メインメニューを開く
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

御津宮(みつぐう)は、大阪府大阪市中央区西心斎橋に鎮座する神社八幡宮)。御津八幡宮島之内八幡宮とも称される。

御津宮
Mitsu01.jpg
鳥居
所在地 大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目10-7
位置 北緯34度40分17.1秒
東経135度29分57.4秒
座標: 北緯34度40分17.1秒 東経135度29分57.4秒
主祭神 応神天皇・仲哀天皇・比咩大神
社格 旧郷社
創建 伝・仁徳天皇朝
別名 御津八幡宮・島之内八幡宮
例祭 6月15日
テンプレートを表示

祭神編集

末社編集

石宮龍王(いしのみやりゅうおう) - 祭神は倉稲魂命。祠と鳥居がある。神紋は龍や水を祀る場所に多い三つ鱗紋。

歴史編集

社名は地名により、以前は三津と書く。『大阪府誌』には、仁徳天皇浪速に都をおいた頃、味原郷(現在の大阪市天王寺区味原町付近)にあったのを後世ここに奉祀したとある。

社伝によれば、天平勝宝元年(749年)、に向うとの八幡大神の託宣で、孝謙天皇が勅使を遣わし筑紫宇佐神宮より京に遷座する途中、初めて上陸した行宮の跡に祀ったという。

明治5年(1982年)から平成元年(1989年)まで、当神社南側の八幡筋に沿って「八幡町」の町名があった。現在も御堂筋との交差点名に使用されている。

交通アクセス編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 井上正雄 「大阪府全志」 (1922)全国書誌番号:73012615

関連項目編集