メインメニューを開く

徳川 寿千代(とくがわ ひさちよ)は、江戸時代御三卿の一つ田安徳川家の第6代当主。父は第5・8代当主の徳川慶頼、母は側室の高井氏。

 
徳川 寿千代
時代 江戸時代末期
生誕 安政7年3月11日1860年4月1日
死没 元治2年2月4日1865年3月1日
戒名 英樹院
墓所 寛永寺凌雲院
幕府 江戸幕府
氏族 徳川氏御三卿田安徳川家
父母 父:徳川慶頼、母:高井氏
兄弟 寿千代、隆麿、家達達孝、興丸、頼倫
なし
養子:亀之助

経歴編集

安政7年3月11日(1860年4月1日)、徳川慶頼の長男として誕生した。

父慶頼が安政の大獄の責任を取らされて隠居したため、文久3年1月18日1863年3月7日)に3歳で田安徳川家の当主に就いた。しかし2年後、元治2年2月4日(1865年3月1日)に6歳で夭折した。その後、家督は弟の亀之助(後の家達)が継承した。

参考文献編集

  • 『徳川諸家系譜3』