メインメニューを開く

徳川 斉礼(とくがわ なりのり)は、江戸時代御三卿一橋徳川家の4代当主。

 
徳川斉礼
時代 江戸時代後期
生誕 享和3年10月3日1803年11月16日
死没 文政13年6月14日1830年8月2日
改名 松之助(幼名)、徳川斉礼
戒名 憲徳院
官位 兵部卿、従三位左近衛権中将、民部卿、
参議、贈権中納言
幕府 江戸幕府
氏族 徳川氏御三卿一橋徳川家
父母 父:徳川斉敦、母:野尻氏
兄弟 備千代、斉礼、信之助
田安徳川斉匡の娘・近姫
養子:徳川斉位
テンプレートを表示

享和3年(1803年)10月3日、3代当主・斉敦の次男として誕生する。文化元年(1804年9月28日、一橋家の世子となる。文化11年(1814年2月19日元服し、伯父にあたる将軍・家斉から偏諱を受けて斉礼と名乗り、兵部卿に任じられる。

文化12年(1815年8月5日に従三位左近衛権中将に叙され、文化13年(1816年9月4日に父・斉敦が没したため同年10月4日に当主に就任する。文政2年(1819年4月6日に伯父にあたる田安徳川家当主・斉匡の娘・近姫と婚姻する。

文政6年(1823年7月8日遠江国1万石を幕府に返納し、代わりに摂津国1万石を賜る。文政10年(1827年2月18日には遠江国・武蔵国下野国三国の3万石を幕府に返納し、代わりに摂津国・越後国備中国三国の3万石を賜る。同年閏6月1日参議に就任する。

文政13年(1830年)6月14日、28歳で死去した。法号は憲徳院。天保7年(1836年6月2日権中納言が追贈された。

嗣子が無かったため、養子の斉位(斉匡の四男で近姫の異母弟)が跡を継いだ。

出典編集

  • 『徳川諸家系譜3』