徳川 達道(とくがわ さとみち、明治5年11月19日1872年12月19日) - 昭和19年(1944年12月29日[1])は、一橋徳川家の11代当主。伯爵徳川茂栄の四男。兄は松平義端。妻は徳川慶喜の三女・鐵子[1]水戸徳川家から宗敬を養子に迎え、家督を相続させた。

徳川達道

栄典編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 平成新修旧華族家系大成』下巻(霞会館、1996年)p.164
  2. ^ 『官報』第1225号「叙任及辞令」1931年1月31日。
日本の爵位
先代:
叙爵
伯爵
(一橋)徳川家初代
1884年 - 1933年
次代:
徳川宗敬