水戸徳川家(みととくがわけ)は、常陸国水戸にあった徳川家の一支系で、徳川御三家のひとつ。単に水戸家ともいう。徳川家康の十一男徳川頼房を家祖とする。江戸時代には水戸藩主、維新後には華族侯爵家に列し、のちに公爵家に陞爵した[1]。御三家の中で公爵に列したのはこの家のみである[2]

徳川氏
(水戸徳川家)
家紋
水戸三葵(一例)
本姓 清和源氏
家祖 徳川頼房
種別 武家
華族侯爵公爵
出身地 山城国
主な根拠地 常陸国水戸
東京市渋谷区
著名な人物 徳川光圀(水戸黄門)
徳川斉昭
徳川慶喜
徳川圀順
支流、分家 高松松平家(武家・伯爵
守山松平家(武家・子爵
府中松平家(武家・子爵)
宍戸松平家(武家・子爵)
松戸徳川家(子爵)
凡例 / Category:日本の氏族

歴史編集

江戸時代編集

家康の十一男で常陸国水戸藩の藩主となった徳川頼房を家祖とする[3][4]。水戸藩は東北諸藩の反乱に備えて北関東の拠点として作られた藩であり[5]、表高は当初25万石だったが、1622年(元和八年)に28万石、1701年(元祿14年)5月に35万石となった。しかしその領地は常陸と東北地方の境だったので、耕地が少なく生産力も低かった[5]

格式は御三家のひとつとして大廊下に詰め、屋形号を許されていた。官位では尾張徳川家紀州徳川家大納言極官としたのに対し、水戸家はそれよりも低い権中納言を極官とした。参勤交代の対象とはならず江戸の小石川邸に常住する定府大名だった[5]。このことから俗称として「副将軍」という呼び名が起こったと考えられる[5]

頼房の次男で2代藩主の徳川光圀(義公)は「水戸黄門」として著名である。光圀は『大日本史』の編纂を開始し、天皇と朝廷を深く尊び、湊川に後醍醐天皇の忠臣楠木正成(大楠公)の碑を建てるなど尊皇運動に尽くした[3]。光圀以来、水戸藩内には尊皇を支柱とする水戸学が誕生し、幕末の尊皇攘夷運動に多大な影響を与えた[4]。水戸家は親藩の御三家ではあるが、水戸学を奉じる勤皇家の家として「もし徳川宗家と朝廷との間に戦が起きたならば躊躇うことなく帝を奉ぜよ」との家訓があったとされる[6]

分家の大名には頼房の長男松平頼重を祖とする讃岐国高松藩12万石の藩主家高松松平家[7]。頼房の四男松平頼元を祖とする陸奥国守山藩2万石の藩主家の守山松平家[8]、頼房の五男松平頼隆を祖とする常陸国府中藩2万石の藩主家の府中松平家[9]、頼房の七男松平頼雄を祖とする常陸国宍戸藩1万石の藩主家の宍戸松平家[10]の4家がある。

幕末の9代藩主徳川斉昭(烈公)は強烈な尊皇攘夷派として知られ、海防強化や天皇陵修復[3]弘道館を作っての後期水戸学による藩士の教化、領内の廃仏棄釈の徹底による寺院圧迫など尊皇思想に貫かれた政策を実施し、さらに日米修好通商条約無勅許調印反対運動を主導したが井伊直弼と対立して安政の大獄で失脚した[11]。なお江戸幕府の最後の将軍である徳川慶喜は斉昭の子であり、一橋徳川家に養子に入った後に将軍になった人物である[12]

幕末の尊皇攘夷運動の火付け役となった家だが、斉昭の死後には水戸藩は尊皇攘夷派と佐幕派の藩内抗争が繰り返されて混乱状態に陥り、時勢の指導権を失ったまま明治維新を迎えた[5]

明治以降編集

最期の水戸藩主徳川昭武は明治維新後の1869年(明治2年)に版籍奉還で知藩事に転じ、1871年(明治4年)の廃藩置県まで務めた。また1869年の華族制度の成立とともに華族に列した。昭武の隠居後その甥の徳川篤敬が家督を継ぎ、1884年(明治17年)に華族令が施行されると篤敬は侯爵に列した[13]。分家大名だった4家の松平家のうち高松松平家は伯爵[14]、他の3家はいずれも子爵家に列している[15]。また昭武の子武定も子爵に叙されている(松戸徳川家[16]

篤敬侯爵は駐イタリア特命全権公使や式部次長、貴族院議員などを歴任した[17]

歴代当主に尊皇家が多かった水戸家は明治以降に位階を追贈されることが多かった。とりわけ徳川光圀徳川斉昭の位階は引き上げられ、1869年(明治2年)には両名とも従一位が追贈され、1900年(明治33年)には光圀に正一位、ついで1903年(明治36年)には斉昭にも正一位が追贈されている。光圀が1657年に始めて以来水戸徳川家が続けてきた全397巻(うち本紀73巻、列伝170巻)からなる『大日本史』は1906年(明治39年)に完成を見た。その内容は尊王思想に貫かれ、皇統を明らかにして南朝を正統としたことなどを特色とする[18]

1929年(昭和4年)に「大日本史の編纂を完成し皇室国家に貢献したる功」が認められて当時の13代当主徳川圀順侯爵が公爵にのぼった。その功績調書には大日本史編纂に果たした勤王思想、第98代長慶天皇を正統に列したこと、歴代天皇陵を捜索して修復した功績、楠木正成の顕彰などが列挙されており、明治以降はもちろん維新前からの歴代当主の尊皇思想が評価されたものであった[19]。尾張徳川家と紀州徳川家は侯爵のままだったので御三家で家格が一番高い家になった[2]

1939年(昭和14年)時の水戸徳川公爵家の邸宅は東京市渋谷区猿楽町にあった[3]

圀順は、財団法人水府明徳会を設立して伝来の大名道具や古文書を寄贈し、散逸を防ぐ措置を取った。1977年昭和52年)、水戸市の光圀の茶室跡に彰考館徳川博物館を開き、その保存・展示に努めている。

歴代当主と後嗣たち編集

水戸家は儒教を尊ぶ気風が強く、歴代当主と夫人には漢風の諡号が贈られている。

代数 肖像 名前(諡号)
(生没年)
続柄 備考
1   徳川頼房(威公)
(1603年-1661年)
徳川家康十一男 初代水戸藩
2   徳川光圀(義公)
(1628年-1701年)
先代の三男 2代水戸藩
通称「水戸黄門」
3   徳川綱條(粛公)
(1656年-1718年)
先代の甥
(高松松平頼重次男)
3代水戸藩
4   徳川宗堯(成公)
(1705年-1730年)
先代の大甥
(高松松平頼豊長男)
4代水戸藩
5   徳川宗翰(良公)
(1728年-1766年)
先代の次男 5代水戸藩
6   徳川治保(文公)
(1751年-1805年)
先代の長男 6代水戸藩
7   徳川治紀(武公)
(1773年-1816年)
先代の長男 7代水戸藩
8   徳川斉脩(哀公)
(1797年-1829年)
先代の長男 8代水戸藩
9   徳川斉昭(烈公)
(1800年-1860年)
先代の弟
(7代治紀三男)
9代水戸藩
10   徳川慶篤(順公)
(1832年-1868年)
先代の長男 10代水戸藩
11   徳川昭武(節公)
(1853年-1910年)
先代の弟
(9代斉昭十八男)
11代水戸藩主→知藩事→廃藩置県
1883年隠居
12   徳川篤敬(定公)
(1855年-1898年)
先代の甥
(10代慶篤長男)
侯爵
駐イタリア特命全権大使
式部次長
貴族院議員
13   徳川圀順(明公)
(1886年-1969年)
先代の長男 侯爵公爵
貴族院議長
日本赤十字社社長
14   徳川圀斉(敬公)
(1912年-1986年)
先代の長男
15   徳川斉正
(1958年-存命中)
先代の長男

系譜編集

凡例:太線は実子、破線は養子、太字は各家の当主

水戸徳川家・高松松平家編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼房1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【高松】
松平頼重1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光圀2【守山】
松平頼元
【府中】
松平頼隆

松平頼利
【宍戸】
松平頼雄
〔長倉〕
松平頼泰

松平頼以

松平房時

鈴木重義
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼常2綱方
(水戸家へ)
綱條
(水戸家へ)
松平頼剛松平頼侯松平頼芳
 
綱方綱條3松平頼常
(高松家へ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼福
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼泰松平頼豊3
 
 
 
 
 
 
松平頼豊【大膳】
松平頼煕
 
 
 
 
 
吉孚
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼明
(府中家へ)
松平頼匡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗堯
(水戸家へ)
松平頼治松平頼桓4松平頼桓蜂須賀宗鎮
(松平頼珍)
蜂須賀至央
(松平頼央)
宗堯4
 
美代姫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼恭5
[※ 1]
 
 
 
蜂須賀至央
(松平頼央)
 
 
松平頼順宗翰5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼脩
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼真6松平頼起(大膳)
松平頼昌
松平頼裕
 
 
 
 
 
松平頼図治保6松平頼図
(松平頼順養子)
松平頼救
(宍戸家へ)
松平保受松平保福
(長倉家へ)
中山信敬
 
 
松平保福
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼儀松平頼起7
 
 
 
 
 
 
 
 
述姫
松平頼起正室)
雅姫
松平頼慎正室)
治紀7松平義和
(高須家へ)
土屋彦直
 
 
 
山野辺義質
 
 
 
 
 
松平頼紹
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼儀8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
厚姫
松平頼誠継室)
斉脩8松平頼恕
(高松家へ)
斉昭松平頼筠
(宍戸家へ)

(斉昭側室)[※ 2]
 
 
 
 
 
松平頼善
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼該松平頼胤松平頼顕本多忠民松平頼恕9
 
 
 
 
 
斉昭9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼位
[※ 3]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼胤10松平頼煕松平武揚
越智家へ)
松平勝成
(久松家へ)
松平頼聰大久保忠礼慶篤10池田慶徳慶喜
(一橋家→徳川宗家→徳川慶喜家
松平直侯
越前(前橋)家へ)
池田茂政松平武聰
越智家へ)
喜連川縄氏松平昭訓松平忠和
深溝家へ)
土屋挙直昭武
(清水家→水戸家)
松平喜徳
(会津家→守山家)
松平頼之
(守山家へ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼温松平頼和
西条家へ)
松平頼煕松平頼聰11
 
 
 
篤敬篤守
(清水家へ)[※ 4]
 
昭武11
 
英子
(徳川圀順夫人)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
藤岡勝二
 
保子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼温徳川義礼
(尾張家へ)
松平頼親松平頼寿12松平胖永井翠直聰子
 
篤敬12昭子
松平頼寿夫人)
【松戸】
武定
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
博武
(松戸家へ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼明13松平頼明松平守弘圀順13宗敬
(一橋家へ)
 
 
 
 
 
 
博武
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
圀斉14圀禎松平圀秀
(宍戸家へ)
松平圀弘
(守山家へ)
文武
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斉正15斉英
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斉礼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

守山・府中・宍戸松平家編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【高松】
松平頼重
【水戸】
徳川光圀
【守山】
松平頼元1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【府中】
松平頼隆1
 
 
 
 
 
 

松平頼利
【宍戸】
松平頼雄1
 
 
 
〔長倉〕
松平頼泰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼貞2本多忠国松平頼愛松平頼方松平頼寧松平頼如2
 
 
 
 
 
 
松平頼道松平頼道2
 
 
 
松平頼福
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼尚松平頼寛3松平定賢
久松家へ)
松平頼恭
(高松家へ)
松平頼済
(府中家へ)
 
 
 
 
 
 
松平頼明3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼慶3
 
 
 
松平頼明
(府中家へ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼羆松平頼篤松平頼亮4松平頼融松平頼溥
 
 
 
松平頼永4松平武元
越智家へ)
遠山友明松平頼幸亀井茲胤松平頼多4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼孝松平頼慎5武田信典由良(新田)貞靖知久頼衍
 
 
 
松平頼幸5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼洽松平頼救5
[※ 5]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼誠6松平頼賢松平頼永
(西条家へ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼済6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼敬6松平頼位
(長倉家→宍戸家)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼茂松平頼音松平頼升7松平頼彬松平頼邑
 
 
 
松平頼前7松平頼陽松平頼贇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼筠7
[※ 6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼之8
[※ 7]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼説8松平頼説
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼位8/10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平喜徳9
[※ 8]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼縄9中山信守松平頼功有馬広衆谷衛滋知久頼匡松平頼徳9松平頼安11松平頼平
(守山家へ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼平10
 
 
 
松平頼策10松平頼寿貴志頼邁松平頼教片桐貞篤本多副元
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼敏松平圀秀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼栄松平秋雄11樋口行雄森田静雄松平頼孝11松平頼忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上野秀治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平圀弘12
 
 
 
 
 
 
松平頼則
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平頼暁
 
 
 

注記編集

  1. ^ 守山藩主松平頼貞の五男。
  2. ^ 松平直侯、松平武聰の生母。
  3. ^ 宍戸藩主松平頼救の四男。のち宍戸家を継いだ。
  4. ^ 昭武が水戸家を継いだ際に明屋敷(当主不在)となった清水徳川家を継いだ。
  5. ^ 水戸藩主徳川宗翰の六男。
  6. ^ 水戸藩主徳川治紀の四男。
  7. ^ 水戸藩主徳川斉昭の二十二男。
  8. ^ 水戸藩主徳川斉昭の十九男。元は会津松平家会津藩主)を継いだ。

水戸徳川家臣団編集

御附家老 従五位下叙爵編集

累代家老 従五位下叙爵編集

累代家老・重臣編集

一代家老・中堅家臣編集

脚注編集

備考編集

  1. ^ 小田部雄次 2006, p. 58.
  2. ^ a b 小田部雄次 2006, p. 323.
  3. ^ a b c d 華族大鑑刊行会 1990, p. 7.
  4. ^ a b 精選版 日本国語大辞典『水戸家』 - コトバンク
  5. ^ a b c d e 日本大百科全書(ニッポニカ)『水戸藩』 - コトバンク
  6. ^ 烈公(斉昭)尊王の志厚く、毎年正月元旦には、登城に先立ち庭上に下り立ちて遥かに京都の方を拝し給いしは、今なお知る人多かるべし。予(慶喜)が二十歳ばかりの時なりけん。烈公一日予を招きて宣えり。おおやけに言い出すべきことにはあらねども、御身ももはや二十歳なれば心得のために内々申し聞かするなり。我等は三家・三卿の一として、幕府を輔翼すべきは今さらいうにも及ばざることながら、もし一朝事起こりて、朝廷と幕府と弓矢に及ばるるがごときことあらんか、我等はたとえ幕府に反くとも、朝廷に向いて弓引くことあるべからず。これ義公(光圀)以来の家訓なり。ゆめゆめ忘るることなかれ。|徳川慶喜|「烈公(斉昭)の御教訓の事」『昔夢会・徳川慶喜公回想談』
  7. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)『高松藩』 - コトバンク
  8. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)『守山藩』 - コトバンク
  9. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)『府中藩』 - コトバンク
  10. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)『宍戸藩』 - コトバンク
  11. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)『徳川斉昭』 - コトバンク
  12. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ)『徳川慶喜』 - コトバンク
  13. ^ 小田部雄次 2006, p. 31.
  14. ^ 小田部雄次 2006, p. 326.
  15. ^ 小田部雄次 2006, p. 337.
  16. ^ 小田部雄次 2006, p. 345.
  17. ^ 華族大鑑刊行会 1990, p. 8.
  18. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『大日本史』 - コトバンク
  19. ^ 小田部雄次 2006, p. 225.

出典編集

参考文献編集

  • 小田部雄次『華族 近代日本貴族の虚像と実像』中央公論新社中公新書1836〉、2006年(平成18年)。ISBN 978-4121018366
  • 華族大鑑刊行会『華族大鑑』日本図書センター〈日本人物誌叢書7〉、1990年(平成2年)。ISBN 978-4820540342

関連項目編集

水戸徳川家関連

外部リンク編集