メインメニューを開く

徳川茂徳

幕末期の大名、尾張藩第15代藩主
徳川茂栄から転送)

徳川 茂徳(とくがわ もちなが)は、江戸時代後期の大名美濃国高須藩11代藩主、尾張藩15代藩主、一橋徳川家10代当主。高須藩時代は松平 義比(まつだいら よしちか)、尾張藩時代は徳川茂徳、一橋家時代は徳川 茂栄(とくがわ もちはる)を名乗った。

 
徳川茂徳/茂栄
Tokugawa Motinaga.jpg
徳川茂徳
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保2年5月2日1831年6月11日
死没 明治17年(1884年3月6日
改名 鎮三郎→松平建重(初名)→松平義比→徳川茂徳→徳川(一橋)茂栄
別名 号:好徳、雅号:穆堂、隠居号:玄同
戒名 顕樹院殿
墓所 寛永寺谷中墓地
官位 従三位参議左近衛権中将従二位権大納言
幕府 江戸幕府
主君 徳川家定家茂慶喜
美濃高須藩主→尾張藩
氏族 高須松平家尾張徳川家一橋徳川家
父母 父:松平義建、養父:徳川慶勝
兄弟 源之助、慶勝松平武成、整三郎、
茂徳松平容保松平定敬、鐡丸、
松平義勇、幸
正室:丹羽長富娘・政姫
松平義端達道
養子:義宜

生涯編集

天保2年(1831年)、高須藩10代藩主・松平義建の五男として誕生。幼名は鎮三郎、のち父・義建より偏諱を受けて建重(たつしげ、初名)と名乗る。長兄の源之助、四兄の整三郎は夭折、次兄の慶恕尾張徳川家を、三兄の武成浜田松平家を継いだため、この4人の兄に代わって、嘉永2年(1849年)8月16日、父・義建の嫡子となる。同年11月1日、13代将軍・徳川家定御目見する。同年12月16日、従五位下弾正大弼に叙任、従四位下侍従に昇進する。後に摂津守に改める。嘉永3年(1850年)10月16日、父の隠居により高須藩第11代藩主に就任し、義比(よしちか)を名乗る。同年12月16日、左近衛権少将に任官する。

安政5年(1858年)7月5日、井伊直弼安政の大獄により、尾張藩主であった異母兄・慶恕(のちの慶勝)が隠居謹慎となったのに伴って尾張藩主に就任、直弼ら南紀派により14代将軍となっていた徳川家茂より偏諱の授与を受けて茂徳(もちなが)を名乗る(高須藩主は代わって長男の義端が継承)。同年10月13日、従三位参議・左中将に昇進する。後に従二位大納言に昇進する。就任時の経緯から藩内の支持は佐幕派に限られた。万延元年(1860年)5月18日、実子の義端が早世すると、兄・慶勝の子・元千代(のちの義宜)を養子とし、偏諱(茂徳の「徳」)を与えて徳成と名乗らせる。これより少し前、同年3月には井伊直弼が桜田門外の変で暗殺されており、やがて慶勝の謹慎が解けると藩内の流れが変わった。そのため、高須藩主へ復帰する意向も漏らしている(長男・義端早世後は末弟の義勇が高須藩主を継いでいた)。結局、文久3年(1863年)9月13日に隠居し、養嗣子の徳成改め義宜に藩主を譲った。隠居後は玄同(げんどう)と号した。

慶応2年(1866年)12月27日、実兄の慶勝や、実弟の松平容保会津藩主/京都守護職)の斡旋により、一橋家から徳川宗家を相続(15代将軍に就任)した徳川慶喜に代わって一橋家当主を継承し、茂栄(もちはる)に改名した(当初は清水家相続の予定であったが、のちに幕府は慶勝の願いを受けて、茂栄の一橋家相続を認めている)。明治維新に際しては、徳川一族の総代的な役割を担い、明治新政府との交渉にあたる。慶応4年(1868年)3月4日、江戸を出発、3月25日、江尻に到着、東征大総督有栖川宮熾仁親王に前将軍慶喜の寛大な処分を願う。同年3月29日、了承されて、4月4日、江戸に戻る。同年閏4月27日、徳川宗家の扱いの早急な処理を願い、閏4月29日、徳川家達による徳川宗家相続が許された。同年5月10日、早急な徳川宗家の領地決定を願い、5月24日、家達は駿府70万石を与えられている。

 
徳川達道

同じく5月24日、家達の実父である田安慶頼らと共に独立の大名に列し、立藩する。明治2年3月、版籍奉還を出願する。同年9月、知藩事就任を願っている。同年12月27日、版籍奉還は認められて廃藩となり、知藩事にはなれなかった。明治3年6月、家臣らに別離の挨拶を行い、一橋藩は完全に解体した。明治17年(1884年)3月、数え54歳で没。正二位まで上がった。法号は顕樹院殿。

前述の徳川慶勝、松平武成、松平容保、松平義勇のほか、伊勢桑名藩主・松平定敬も兄弟であり、特に茂徳(茂栄)と、慶勝・容保・定敬は合わせて「高須四兄弟」と称されるが、他の3人のように藩政・外交に主体的に取り組んだ形跡が薄く、時代の情勢に押し流され続けた生涯といえる。恵まれた境遇とは言いがたいが、四男の達道(さとみち、家達より偏諱を受ける、養子に宗敬)は無事一橋家を相続し、自らの系統を残すことができた。

逸話編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 『日本人と参勤交代』コンスタンチン・ヴァポリス著、柏書房、2010年6月 ISBN 978-4-7601-3821-0 p.112